« めでたい♪ | トップページ | 名作揃い »

2005年6月20日 (月)

「交渉人 真下正義」

交渉人 真下正義 プレミアム・エディション (初回限定生産)
ポニーキャニオン (2005/12/17)
売り上げランキング: 49

映画 「交渉人 真下正義」 を昨日やっと見ることができた。

(ネタバレというほど大袈裟な事は書きませんが、多少は含んでいるのであしからず・・・)

今のようなブームになる前の初期の連ドラ放送時 (アレが一番面白かった) からの

「踊る大捜査線」シリーズのファンとしては、前作の映画第2弾の「踊る~」が

イマイチ期待外れだったので少し不安だったけれど、それなりに楽しめた。

(スピンオフ企画ということもあって、本家「踊る」とはまた違った雰囲気の作品に感じた。)

個人的には大好きな俳優・ 國村隼 が多く出ているだけでかなり満足♪(笑)

アリキリの石井正則もなかなか面白かったし、今回だけの登場ではもったいない!

特に、金田龍之介の役柄が和久さん的な味のある感じでとても良かったなぁ。

あとは、西村雅彦の使い方が・・・あれはズルイ! その存在だけで笑えた。

SATの中隊長でおなじみの高杉亘や、松重豊、今井朋彦 などなど・・・

他にも個性派俳優揃いで、脇役系の俳優好きの自分としてはたまらない☆(笑)

そんな中で・・・ 強力新キャラ 【木島警視】 登場! (青島との共演シーンが見たい)

 「寺島進・・・ カッケェ~よ!バカヤロー!!コノヤロー!!!」

最高です!存在感あり過ぎです!! (ドラマ「富豪刑事」の時以上に壊れているし)

もちろん、主役のユースケ・サンタマリアは悪くないし、雪乃役の水野美紀や、

次回作の主役・室井役の柳葉敏郎も登場するし、その辺りは嬉しい限り!

    (さすがに青島やすみれは出ないけれど、湾岸署のメンバーもちょこっと・・・)

小泉孝太郎は今回は出番が多いのかと思っていたら意外とそうでもないな。。。

出演俳優の話ばかりでもなんなので、肝心の作品の内容はというと・・・

事件の犯人像や動機などの描写が弱かったり (「踊る」シリーズはだいたいそうかも)、

真下の交渉術だけで追い詰めていく展開には無理がある気もしなくはないし、

何といっても設定がクリスマスイブと、あまりにも季節外れなのがネックだけれど、

小ネタ満載で笑えるし、ストーリーのアイディアは面白いし、映像や音楽など、

さすが “ドラマ演出の時から遊び心いっぱいの本広克行監督” というところ。

      (エンドロールまで見逃せません!終了後も!!)

東京の地下鉄が舞台になっていて、会社名や路線名などは架空なんだけれど、

駅名&駅順は“東京メトロ”そのまま! (路線名も微妙に近くて面白い)

ストーリーに登場する“東陽町”などの東西線の駅は利用するからなぁ・・・ (^-^;

ただ、あの 【JR福知山線の大惨事】 があった直後の映画公開だけに・・・

運転士や乗客のパニックシーンなどは少し後味悪いかな。。。(仕方ないけれど)

そういえば、今回は君塚良一が脚本担当じゃなかった(原案だけ)みたいですね。

その代わり、次回作 「容疑者 室井慎次」では脚本だけでなく監督も担当!

君塚さんは好きな脚本家なのですが、映画監督としてはどうなんだろうか・・・

     (今年は映画「MAKOTO」で監督デビューしたけれど、少しだけ不安だ・・・)

とはいえ・・・絶対に見るし、楽しみ♪ (新城も沖田管理官も登場するし!)

踊るファンの間では賛否両論あるようですが、自分としては楽しめました。

「交渉人 真下正義」 【評価】 ★★★★ <4> (五つ星満点)

|

« めでたい♪ | トップページ | 名作揃い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112853/4641100

この記事へのトラックバック一覧です: 「交渉人 真下正義」:

» 交渉人 真下正義レビュー [レビュートラックバックセンター]
映画「交渉人 真下正義」レビューをトラックバックで募集しています。 感想・評価等 [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 06:29

» ■交渉人 真下正義 [ルーピーQの活動日記]
   レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」。その事件直後、真下正義警視(ユースケ・サンタマリア)は湾岸署の前で報道陣に取り囲まれ、警視庁初の交渉人として、事件解決の経過を説明していた。1年後、2004年12月24日。警視庁交渉課準備室..... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 09:28

» 「交渉人 真下正義」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
続いてみたのが『交渉人 真下正義』です。 ご存知『踊る大捜査線』シリーズのスピン・オフ・ムービーとして出てきた作品です。 この作品も大ヒットしそうな雰囲気がありました。客層として家族連れで見に来ている方がとても多かったんです。アニメ以外でここまで子供が多かったのは初めてでした。もともとテレビドラマということで年齢層が広いということもあるのでしょう。 2004年12月24日、... [続きを読む]

受信: 2005年6月25日 (土) 09:04

« めでたい♪ | トップページ | 名作揃い »