« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の記事

2005年7月31日 (日)

まさか!!!

ystv004  ★リグス★ 衝撃の一発!

☆まさかまさかの9回勝ち越し2号HR☆

  ★ユウイチ★ 貴重な同点タイムリー!

【阪神 1-2 ヤクルト】(甲子園)

前日の大勝とは違う接戦を制しての白星はまた格別。過去2回の阪神戦登板での不本意なピッチングのリベンジに燃えていた“藤井の気迫のピッチングが勝利を呼び込んだ”といっても過言ではない。6回を投げて打たれたのはスペンサーのソロHR1本だけ。他には1人もランナーを許さないという素晴らしいピッチングを見せてくれた。本当はもっと長く投げられたはずだが、1点ビハインドのチャンスの場面で打席がまわってきたので仕方がない。その藤井の代打で登場したユウイチが同点タイムリーを打ってくれたのが嬉しかった♪交流戦終了後は出番が少なく結果もなかなか残せていなかった中での貴重な一打。勝利投手にはなれなかったけれど、少しは藤井が救われたのではないだろうか。7・8回は復調気味の亮太がランナーを出しながらも良く抑えてくれて、迎えた9回…阪神の中継ぎエース・藤川からまさかのリグスの勝ち越しホームラン!相手の失投を逃さずおもいっきり振り抜いた一撃は前打席でのバント失敗を取り返してお釣りがくるぐらいの大仕事!    外野の時とは違って一塁守備も無難にこなしてみたり、本当に意外性がたくさんある面白い選手だと思う。そして最後は弘寿がきっちり守護神の働きを見せた。

しばらく連敗がなかった阪神相手に敵地で連勝したのは価値がある。     スワローズが再び上昇ムードになる可能性を感じさせてくれた試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

館山昌平☆プロ初完封勝利

ystv003  ★館山昌平★ プロ初完封勝利

おめでとう♪ (101球 4安打無四球 7勝目)

  “松坂世代☆スワローズ希望の星☆”

館山のプロ初完封(完投)勝利は本当に嬉しい♪日大藤沢高校時代の3年春の  センバツ高校野球でベスト4に進出して以来となる思い出の地・甲子園での登板を最高の結果で飾ってくれました。阪神を相手にしてこの内容での勝利は立派!

【阪神 0-13 ヤクルト】(甲子園)

●先発野手全員安打の今季最多22安打&今季最多タイの13得点●

岩村(4安打3打点) ラミレス(4安打2打点) 宮出(3安打4打点)

土橋(3安打) 宮本(2安打3打点) 古田(2安打1打点)

青木(2安打) リグス(2安打)  先発野手全員が複数安打…スゴイ!

最後の方は阪神の選手達は戦意喪失気味、甲子園の阪神ファンはヤケになって  古田の応援&東京音頭で一緒になってメガホンを叩く始末(余裕があるよなぁ…(^^; )。2点先制しながらもチャンスを潰し続けて嫌なムードになっていたところで飛び出した慎也の3ランが本当に大きかった! 終盤は新オーダーが見事に機能して    【甲子園今季初勝利】   「たまにはこんな日があってもイイ!」 \(^o^)/       (そういえば今日は岡田応援団長の命日でしたね…白星を届ける事が出来ました。)

一応… <前日(7/29)の試合結果>                                                     【阪神 5-0 ヤクルト】(甲子園) 宮出猛打賞、川島1失点の好投報われず・・・

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年7月28日 (木)

心地良い神宮とマンU地獄

昨夜から背筋痛が悪化して 「軽く(?)ヤバイ」 状態だったので、予定を変更して  真っ直ぐ帰宅しようかと思いつつ…やっぱり神宮球場へ足が向いてしまった。

jinguu003 【ヤクルト 6-2 広島】(神宮)

   5回ぐらいからスコアボードの一部が故障。

ZEEBRAの声は響き渡るもカラービジョンに映像がなく

   中途半端な “BEATPARK” に… (´・ω・`)

jinguu004

★青木宣親★ 首位打者の輝き☆

 ●貴重なタイムリー&チャンスメイクの4安打●

     初の神宮お立ち台♪ (かなり緊張気味?)

★石川雅規★ 無失点粘投で7勝目&執念の激走!

★五十嵐亮太★ 復活を予感させる4奪三振の好リリーフ!

★石井弘寿★ 前夜の悪夢を振り払う2球でセーブ!(ゴンザレス しっかりしろぉ…)

jinguu005 ←神宮の試合で実施中の「夏休みラッキーチャンス」のカード

毎度の事で当たりませんが…番号の縁起が良くてラッキー♪(?)

“古田(27)&慎也(6)” ←最強の組み合わせでしょ!?(笑)

(試合では2人とも2安打で攻守に活躍してくれました!)

ラミちゃんの先制タイムリー、顔面死球の後遺症を心配していた宮出もタイムリー、9回こそスッキリとは終われなかったけれど、結果的には弘寿にとっては絶好のタイミングでのリベンジ登板が出来たし、神宮の風は心地良かったし、久しぶりに良い気分の観戦になりました♪(今日は体調の影響で内野寄りの席で大人しくしていましたが…)

神宮球場へ行くために都営大江戸線の国立競技場駅で下車すると、通常は外苑前や信濃町に比べると利用客が少ないはずの駅なのに何故か赤いユニフォームを着た人がたくさんいた…。一瞬 「カープファンの祭りか?」 と思ってみたりしながら背中の文字を見ると・・・【ROONEY】?【RONALDO】?・・・国立競技場で【鹿島アントラーズvsマンチェスター・ユナイテッド】の試合を見るサポーターに遭遇していたのだった…。マンUだけでなくアントラーズのサポーターも“赤”なので国立競技場周辺は本当に真っ赤に染まっていた。凄い盛り上がりだと思いながら神宮球場方面へ歩いていくと・・・<なんと!競技場へ向かうマンUの選手達を乗せたバスが目の前に!!>・・・ちょうど信号待ちで止まっていたのだ。それこそ本物の【ルーニー】が【C・ロナウド】がすぐそこにいるッ!(かなり動揺していたので顔は確認していませんが…(--ゞ) 写真を撮っている女性がいたので、ミーハー人間としては「よし!俺も!」という気分になって鞄からデジカメを出そうとしたものの、無情にも信号がに・・・・゚・(ノД`)・゚・。  (どうせ、いつもタイミングが悪いとです…。)そして神宮観戦を終えて気分の良い帰り道・・・運悪くサッカーの方も終わったところで国立競技場周辺は大混雑!駅へ行きたくても身動きがとれないのであった。  (暑苦しかったとです…。背筋痛がまた悪化したとです…。)

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2005年7月27日 (水)

まさか・・・

ystv001 

  まさか・・・

ystv002

  まさか・・・ 

 【ヤクルト 4-5 広島】(神宮)

(直接は試合の勝敗に関係ないけれど、3点リードの8回表に山部って…何故? オールスターのピッチングを見て亮太を元の位置で起用しようと考えたのなら、   先頭から亮太でいいのに… 本調子でなくても少しは信用してあげてもいいのに…)

| | コメント (7) | トラックバック (3)

2005年7月26日 (火)

雨男はつらいよ

本日の神宮球場の試合は台風の影響を考慮して早々と中止決定。

ticket001  

  基本的には外野で観戦しますが、

   ←のチケットを貰っていたので、

   試合中止になったのが残念!

   (たまには内野でゆっくり見るつもりが…)

今年の神宮観戦は雨と縁( 雨の神宮 小雨の神宮 )があるよなぁ・・・

気を取り直して木曜日に観戦予定(外野)なので、雨が降らない事を祈るばかり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【GLAY×EXILE】 1位獲得

音楽界注目のオリコンチャート対決 の結果が出ました。

<8月1日付 オリコンシングルチャート>

1位  GLAY×EXILE 「SCREAM」 (30万5795枚)

2位  L'Arc~en~Ciel 「Link」 (15万6084枚)

3位  サザンオールスターズ 「BOHBO No.5/神の島遥か国」 (14万6700枚)

4位  BUMP OF CHICKEN 「プラネタリウム」 (13万4667枚)

30万枚以上を売り上げたGLAY×EXILEの圧勝でした!人気アーティスト同士の豪華なコラボレーションの話題性、楽曲のクオリティの高さ(ファンの中では賛否両論のようですが)、DVD付、初回30万枚限定盤など…色々な要素が絡みあっての1位獲得。初動の順位は奇しくも5年前と同じ結果になりましたが、もしGLAY単独でのリリースならば1位はラルクだったでしょう。サザンはトータルセールスで今後どこまで迫れるかが興味深い。バンプ好きな人間としては予想通りの4位という結果は残念なのですが、10万枚超えのセールスは悪くないし、ロングヒットに期待したいところ。これからも4アーティストの動きには目が離せませんが、来週のチャートは…テレビ朝日のスポーツ番組を見ていると毎日のように耳にする SMAPの  新曲 BANG!BANG!バカンス! も加わって、また面白い事になりそう。

微妙にチャートに影響を及ぼしている音楽番組「ミュージックステーション」の今週  (7/29)放送分には…【サザンオールスターズ】【GLAY×EXILE】【SMAP】…が揃って登場するので、こちらにも注目!(ちなみに渦中のNEWSも出演予定です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

普天王関に感謝☆

物心がついた頃、一緒に暮らしていた祖母の影響で大相撲中継を良く見るようになった。京都から千葉へ引越した小学生の頃には、伯父に両国国技館へ何度も連れていってもらい、すっかり大相撲の虜になり…逆鉾(現・井筒親方)の父親譲りのもろ差し速攻相撲に魅了されて大ファンになった。それがキッカケで、弟の寺尾(現・錣山親方)、霧島(現・陸奥親方)、陣岳、薩洲洋(現・立田山親方)などの井筒部屋所属の力士を応援するようにもなった。しかし、世の中が空前の若貴ブームになって大相撲人気が盛り上がった頃には、何故か自分の相撲熱は徐々に下がり始めていった。現在では、「北の湖部屋」「(大鵬道場)大嶽部屋」「尾車部屋」などの相撲部屋がすぐ近くにあるところに住んでいたりするのだが、ここ数年は色々と情報などのチェックはするものの特定の応援力士もなく、熱は完全に冷めきった状態になっていた。ところが、再び相撲熱を呼び起こしてくれる力士が登場してきた!   その力士の名前は・・・

【普天王】  現役力士 「普天王」 どすこい大相撲日記

人気ブロガーとしてすっかり有名になった大相撲界期待の現役幕内力士。普天王の存在自体は内田の名前で鳴り物入りで出羽海部屋に入門した時から知ってはいたけれど、そこまで注目はしていなかった。でも、今年の春頃に普天王のブログの存在を知ってからはどんどん惹かれていき…相撲に対する真摯な思いを知って、ずっと応援していきたい力士になった。口下手であまり多くを語ろうとはしない力士が多い中で、普天王はそんなイメージを変えてくれた。本場所中に勝敗の結果に関係なく毎日のように記事を更新しているのも凄い事だし、綴る文章や写真も本当に面白くセンスが良いし、知性を感じさせてくれる部分もある。もちろん肝心の相撲の方も魅力的。新入幕当時は伸び悩んでいるイメージがあったけれど、最近のブログ人気急上昇と比例するように日に日に強くなっているのが良くわかる。今年の夏場所は前頭十枚目で11勝4敗と大きく勝ち越して初の三賞(敢闘賞)を受賞!そして…前頭三枚目と大幅に番付をあげて初の上位挑戦に臨んだ名古屋場所では10勝5敗の大活躍で見事に技能賞を獲得!不戦勝を2つ含んでいるものの、2大関2関脇を倒し横綱にも善戦しての勝ち越しは立派。相撲内容も立ち合いでおもいっきりぶつかっていって得意の左四つで前に出て行こうとする姿勢が見えて本当に素晴らしいものだった。来場所は初の三役昇進になりそう♪ まだまだ課題はあるのだろうし、上位の壁にハネ返される事もあるだろう。     それでも…普天王の成長を見守っていきたいし、温かく応援していこうと思う。

 相撲熱を再び上昇させてくれた普天王関に心から感謝☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

2005 サンヨーオールスターゲーム

「2005 サンヨーオールスターゲーム」 の感想。

◆第1戦 【セ・リーグ 6-5 パ・リーグ】(インボイスSEIBUドーム)

金城龍彦(横浜)が最優秀選手賞を受賞。どうしても長打力がある選手が目立つオールスターゲームで、金城のようなタイプの選手がMVPを受賞するのは純粋に嬉しい。テレビ朝日の中継では清原和博(巨人)をMVPにして欲しそうな雰囲気の放送をしていたが、猛打賞に決勝の逆転タイムリー&3打点の金城が受賞するのは当然!清原と松坂大輔(西武)の対決はそれなりに面白かったし、西口文也(西武)からのホームランもさすがに大舞台に強い男だとは思うけれど。セ・リーグの5回からの1イニングごとの継投は豪華なリレーで良かった。特に最終回に登板したクルーン(横浜)の投球は、球速こそ最高156kmだったものの木元邦之(日本ハム)のバットをへし折ってみたり、ファンの期待通りに迫力があった。でも個人的には、優秀選手賞はクルーンより猛打賞の藤本敦士(阪神)にあげて欲しかった気がする。パ・リーグの優秀選手賞は2安打1盗塁の川崎宗則(ソフトバンク)より、タイムリー2本の礒部公一(楽天)の方が妥当だと思うのだが。和田一浩(西武)は文句なし!ホームランを観客に阻止される不運がなければ、彼がMVPになっていたかもしれない。

さて、我らがスワ戦士の活躍ぶりは・・・

<古田敦也> オレ流監督の公言通り、ファン投票選出なのでスタメン出場。初打席は松坂のストライクが全く入らず四球…そして2回表で早々と交代…足の具合が良くないので仕方がありません。その分もベンチで十分に盛り上げていました♪

<藤井秀悟> 2番手で登板も前回の出場の時に続き、またもや散々な内容…。パ・リーグの5点のうち2イニングで4点を取られてしまいました…(つД`)

<五十嵐亮太> 藤井の後を受け3番手で登板。結果的には勝利投手になったものの、球速も内容も今ひとつ。本当は2失点になるところだった…ラッキー♪

<石井弘寿> 5番手で登板。奪三振はゼロも、1イニングを貫禄のピッチング♪

<青木宣親> 初の晴れ舞台は4回裏からセンターの守備で出場。守備の時の動きを見ていると、少し緊張しているように見えた。6回表に巡ってきた初打席はナント1死満塁の場面!外野の間でも抜ければ走者一掃の逆転タイムリーで一気にMVPを狙えるぐらいのおいしい場面だったけれど、結果はファーストゴロ…でも、初打点「1」 (おめでとう☆) 2打席目はランナーを置いた場面で空振り三振…残念。

<岩村明憲> 途中からDHで出場(最後はサードを守った)。ホームランを狙っての気合の打席も、渡辺俊介(ロッテ)相手に三球連続空振りの三振…2打席目もサードフライと結果を残せず。でも、試合前のホームラン競争では大活躍でした♪

◆第2戦 【セ・リーグ 5-3 パ・リーグ】(阪神甲子園球場)

地元・甲子園のファンの期待通りに阪神勢が活躍する中で、7年ぶり…しかもファン投票で出場の前田智徳(広島)が最優秀選手賞を受賞。あんなに笑顔いっぱいの前田を見るのは珍しい。この活躍ぶりは一プロ野球ファンとしては本当に嬉しかった。試合自体も前日に続き見応え十分。特に『城島健司(ソフトバンク)vs工藤公康(巨人)』『SHINJO(日本ハム)vs五十嵐亮太(ヤクルト)』の対決は球宴らしく盛り上がって、見ている方もかなり興奮した。セ・リーグでは今岡誠(阪神)と藤川球児(阪神)が優秀選手賞を受賞。金本知憲(阪神)も受賞してもおかしくない活躍だったけれど、前日のクルーンと同じようにセーブを記録した投手が優遇されるようだ。といっても…藤川は連投ながら好投したし、普段とは違うクローザーとして起用したのは粋な計らいだったと思う。新人賞を受賞した鳥谷敬(阪神)など、シーズンの勢いそのままに甲子園で虎戦士が躍動していた…。パ・リーグは豪快なホームランを打った李承燁(ロッテ)と城島が優秀選手賞を受賞。チーム唯一の出場選手として見事に新人賞を受賞した平野恵一(オリックス)と木元の全力プレーと活躍が印象的。

第1戦はイマイチ目立てなかったスワ戦士の活躍ぶりは・・・

<古田敦也> 今日も1打席(ライトフライ)1イニングの守備だけで交代。サードベースコーチとして敵チームの選手にも激励するなど、大活躍していました♪

<五十嵐亮太> 2試合続けての登板にビックリ。ファン投票選出なのでそういう起用になったのかも。今日は良い球を投げていたし、↑に書いたようにSHINJOとの全球ストレート対決は楽しかった。本当は違反の金バットでホームラン予告をするなど(手のケガの状態が良くない中で)一生懸命に球場を盛り上げるSHINJOのおかげで亮太の球速がUP!前日とは違う亮太の魅力を引き出してくれたSHINJOに感謝☆

<青木宣親> 途中出場も打席が回って来なかったので、残念ながらオールスター初ヒットは記録できず…。守備では派手さはないけれどセンターライナーを好捕。  TV解説の福本豊が青木のプレーを褒めてくれていたのが嬉しかった♪

<岩村明憲> 5番DHスタメンでフル出場。タイムリー&三塁打(あわやホームランの大飛球…惜しい!)&全力で走って内野安打…と見事に猛打賞の大活躍♪   優秀選手賞は惜しくも受賞できなかったけれど、SANYO賞(10万円)をゲット!

今年の球宴は交流戦があったので大して盛り上がらないと思っていたけれど、2試合とも充実した内容だったし、例年通りに違和感なく楽しむことができたと思う。   球場では他球団ファンが一緒になって、ロッテの応援や前田や種田仁(横浜)などの独特の応援を楽しんでいる様子が見られたし、良かったのではないだろうか。

「プロ野球 フレッシュオールスターゲーム 2005」 も触れておこう。

◆【セ・リーグ選抜 4-4 パ・リーグ選抜】(サンマリンスタジアム宮崎)◆

<梶本勇介> 守備ではエラーもあったけれど、タイムリー三塁打を含む2安打の活躍で 優秀選手賞(50万円)を受賞♪ 去年、戸田と神宮のファームの試合で活躍する姿を見てからずっと応援している選手なので本当に嬉しい!

<田中浩康> 途中出場も2打数ノーヒット。去年のフレッシュオールスターでMVPを受賞した先輩・青木のような活躍を期待していたけれど…残念。

<上原厚治郎> 1イニング10球で三者凡退に抑えて存在感を見せてくれた♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

震度5強

東京・足立区で震度5強を観測した地震 には驚きました。

自宅がある地域は震度4(震度5の足立区や江戸川区に近いのに…)だそうですが、ココに住んで6年ぐらいになるけれど、今まで体験した地震の中で間違いなく一番大きかった!自宅から高速道路が近いこともあって元から良く家が揺れているところに、ちょうど現在は自宅の前の建物の解体作業中で酷い揺れを体感しているので、少々の地震では慌てることはない自分…(あまりいいことではないですね…)。      今日は地震発生の数分前にちょうど帰宅していたのですが、最初は揺れていても↑のような理由で麻痺状態なので良くわかりませんでした。でも、自分の部屋の棚の上に飾ってあったものや、ラックからCDなどがあっという間にどんどん落ちてきて…かなりビックリ!CDのケースが何枚か割れてしまいました…(- -;

最近では東京で発生するといわれている大地震の話題が、テレビ・新聞・雑誌などで頻繁に取り上げられている。今年放送された連続ドラマ「救命病棟24時」では東京に大地震が発生する設定のストーリーが描かれていたけれど、ドラマの舞台になっている場所が自宅から近かったので、見ていてあまり気分が良くなかったこともあった。とはいえ、シュミレーション等で甚大な被害が出ると予想されている地域に住んでいる人間としては、もっと真剣に考えなければいけないですね…(- -ゞ

それにしてもコレぐらいの地震でも首都圏の交通網にかなりの影響が出ている現状。予測される規模の地震が発生したら本当にとんでもないことになりそうだ…。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年7月22日 (金)

1泊2日で鬼怒川へ

kinugawa001

 ツライ(?)日々から現実逃避したくて(笑)、

   温泉でのんびりとくつろぐことを目的に、

        鬼怒川へ行ってきました。

    今回は愛犬を連れての旅なので、

        犬好きの間では有名な

                 “ペット同伴可” の某ホテルに宿泊 しました。

kinugawa002

     ココへは何度も来ているので

       新鮮さはないけれど、

    安心感があって落ち着けるので

目的どおりにゆっくり出来て良かった良かった♪

温泉に入って、食事をして、浴衣を着て夜道を軽く散歩して(今の季節はちょうど気持ち良い)、また温泉に入って寝る・・・たったそれだけのことだけれど、十分に満足☆

   心と体の充電ができたし、明日からは現実逃避しないで頑張るとしよう!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年7月20日 (水)

絶対に勝ちたかった

今日は絶対に勝ちたかった・・・ 宮出のためにも・・・

【ヤクルト 8-12 巨人】(神宮)

左が続くという理由だけで大事な場面に山部を起用するぐらいなら、9回は何が何でも弘寿を投入して欲しかった…『めちゃくちゃ悔しいッ!』 宮出の顔面死球は本当に心配しました。“全治1週間” ということで意外にも軽症で少しホッとしたけれど。(フジテレビの中継で何度も繰り返された死球の場面の放送は悪趣味だ。いい加減にしてくれ!)

神宮で声をからしたみなさん、本当に本当にお疲れ様でした。 m(_ _)m

(書きたいことはいっぱいあるけれど、今夜は忙しくて時間がありません。)

【ヤクルトスワローズ -前半戦成績-】

84試合 40勝44敗 (セ・リーグ4位)  球宴後、絶対に巻き返すぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年7月19日 (火)

昨日とは一転

今日は緊迫感がある素晴らしい試合でした!

【ヤクルト 4-3 巨人】(神宮)

★古田敦也★ 2試合連続!ムードを変える逆転2ランHR!

★藤井秀悟★石井弘寿★ 粘りと気迫のナイスピッチング!

立ち上がりの藤井の投球内容、相手は苦手の上原…『また今日もいつもの展開だ』と正直言って弱気になっていました。そんな中で飛び出した古田の逆転2ラン!風に乗ったとはいっても、あれは技術と経験で打った一発。本当に嫌な空気を変えてくれました。打線の沈滞ムードは変わらなかったものの、それからは藤井にも気合がみなぎり、躍動感も出てきて7回まで粘りの投球を披露。そして “1点リードの8回…早くも弘寿を投入!” 。若松監督・伊東コーチの『今日は絶対に勝つ!』という想いに見事に応える気迫のピッチング。これがその裏の攻撃の貴重な2点を呼びました。9回は1点差にされても全く心配はしなかった…『弘寿を信じている!』…勝利を確信していました。

青木らしい内野安打、慎也の見事な犠打、(ラッキーな面はあったけれど)ラミのタイムリー、敬遠直後の意味ある宮出のタイムリー…8回の攻撃はスワローズらしいものでした。今日は若松監督の勝ちたいという気持ちも随所に見えました。今日1つ勝っただけで大喜びしている現状ではないけれど、きっと明日に繋がると信じたい☆

| | コメント (7) | トラックバック (6)

2005年7月18日 (月)

暑くなる

「暑くなれ」と願ったのではありません。 『熱く!』 “ハート”の方ですが…

【ヤクルト 1-6 巨人】(神宮)

あまりにも不甲斐ない・・・情けない・・・。今日の野間口は前に1軍で投げていた時に比べれば別人のような良い球を投げていました。球速だけでなく変化球のコントロールが良かったので、ファーストストライクを狙うように指示が出ていたのかもしれないけれど、そこまで淡白に早打ちしなくても良かったのではないかい?…(-_-)

    「古田さん、ホームランをありがとうございます・・・」

変則的な登板間隔の影響なのか、暑さが原因なのか、今年はずっとこんな感じだからなのかはわからないけれど、石川の球のキレが悪過ぎる。全く元気がなく、体が重そうだ・・・。スワローズの選手達にほとんど覇気が感じられなかったが、6点を入れたとはいえGの選手達にも闘志みなぎるものは全く感じられなかった。そんな相手に完敗するのだから本当に重症としか言いようがない。覇気がないように見えても、選手達自身は一生懸命やっているのだろうし、誰よりも勝ちたい気持ちはあるはず・・・ 『それをプレーで見せて欲しい!結果を出して欲しい!』

東京の梅雨は明けました。今度こそ、ツバメ打線の梅雨明けを待っています。

| | コメント (7) | トラックバック (6)

2005年7月17日 (日)

熱くなれ

アトランタ五輪の頃、大黒摩季のそんなタイトルの曲がヒットしましたが・・・

【中日 4-2 ヤクルト】(岐阜長良川球場)

審判の不可解なジャッジや、相手のエラーなど、色々とありました。でも、あえて今日の試合については触れません。現状のスワローズはハッキリ言って苦しいです。見ていて辛いです。だからと言って応援をやめるわけではないし、諦めたわけでもない。このままズルズルといくのは本当に悔しい!今こそもっと気持ちを込めて…

         「熱くなれ!!!」

   (スワローズの選手・首脳陣・フロントへ、そして特に自分に対して!)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年7月16日 (土)

何を語ればいいのでしょう

【中日 5-1 ヤクルト】(福井県営野球場)

外出先から携帯で試合経過をチェックしていました。

『青木が首位打者に浮上』 (多村が規定打席不足だからとはいえ…明るい話題♪)

『古田が久々に試合復帰』 (まだまだ心配だけれど…とりあえずホッ!)

それぐらいしか明るい話題が見当たりませんが・・・  そんな中・・・

『サード ・ リグス』 ????? (岩村が腰の張りを訴えて退いたとはいえ、コレが意味するものとは何ぞや? ・・・妙な胸騒ぎがしますが・・・ )

明日こそ・・・たとえ見ていなくても、熱く色々と語れる試合をお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年7月15日 (金)

東京メトロ スタンプラリー(その後)

以前(6/13)に書いた…「チャレンジ東京メトロ 全駅スタンプラリー」 のその後。

metro003

 

 残り1駅と書きましたが、あれからすぐに全駅制覇!

   東京メトロ賞の“鞄”は飯田橋駅でゲットしました。

            metro004             各路線賞を受け取るのに

     色々な駅の事務室を訪れたのですが、

王子駅の駅員さんの感じが凄く良かったのが印象的。

<スタンプ押印順>(1)門前仲町◆(2)東陽町◆(3)木場◆(4)茅場町→(5)八丁堀→(6)三越前→(7)小伝馬町→(8)秋葉原→(9)南千住→(10)北千住◆(11)月島→(12)新富町→(13)銀座一丁目→(14)有楽町→(15)日比谷→(16)銀座→(17)京橋→(18)日本橋◆(19)虎ノ門→(20)赤坂見附→(21)青山一丁目→(22)外苑前◆(23)清澄白河→(24)住吉→(25)錦糸町→(26)水天宮前◆(27)東京→(28)淡路町→(29)大手町→(30)竹橋◆(31)築地→(32)市ヶ谷→(33)江戸川橋→(34)護国寺→(35)東池袋→(36)池袋→(37)要町→(38)千川→(39)小竹向原→(40)氷川台→(41)平和台→(42)地下鉄赤塚→(43)地下鉄成増→(44)和光市→(45)飯田橋→(46)神楽坂→(47)早稲田→(48)浦安→(49)南行徳→(50)行徳→(51)妙典◆(52)霞ヶ関→(53)四ツ谷→(54)新宿三丁目→(55)新宿→(56)西新宿→(57)中野坂上→(58)中野新橋→(59)中野富士見町→(60)方南町→(61)人形町◆(62)九段下→(63)神保町→(64)渋谷→(65)表参道◆(66)六本木→(67)広尾→(68)恵比寿→(69)中目黒→(70)明治神宮前→(71)代々木公園→(72)代々木上原→(73)新御茶ノ水→(74)湯島→(75)根津→(76)千駄木→(77)西日暮里→(78)町屋→(79)綾瀬→(80)北綾瀬→(81)三ノ輪→(82)上野→(83)稲荷町→(84)神田◆(85)御茶ノ水→(86)本郷三丁目→(87)後楽園→(88)茗荷谷→(89)新大塚◆(90)南砂町◆(91)桜田門→(92)溜池山王→(93)六本木一丁目→(94)麻布十番→(95)白金台→(96)目黒→(97)白金高輪→(98)東大前→(99)本駒込→(100)西ヶ原→(101)王子神谷→(102)志茂→(103)赤羽岩淵→(104)辰巳→(105)豊洲◆(106)東銀座→(107)新橋→(108)二重橋前◆(109)原木中山→(110)西船橋◆(111)末広町◆(112)仲御徒町→(113)上野広小路◆(114)西葛西→(115)葛西→(116)高田馬場→(117)落合→(118)中野【東西線制覇…景品交換:九段下】→(119)半蔵門→(120)永田町→(121)駒込→(122)王子【南北線制覇…景品交換:王子】→(123)麹町→(124)新木場【有楽町線制覇…景品交換:飯田橋】→(125)国会議事堂前→(126)赤坂→(127)乃木坂【千代田線制覇…景品交換:霞ヶ関】→(128)神谷町→(129)東高円寺→(130)荻窪→(131)南阿佐ヶ谷→(132)新高円寺→(133)新中野→(134)新宿御苑前→(135)四谷三丁目【丸ノ内線制覇…景品交換:東京】→(136)浅草→(137)田原町【銀座線制覇…景品交換:上野】→(138)入谷【日比谷線制覇…景品交換:南千住】◆(139)押上【半蔵門線制覇…景品交換:三越前】【全139駅制覇】

自分がスタンプを押した駅の順番を記してみましたが、色々な考えと事情があって巡っていった経過なので、スタンプラリー関連の検索で、このブログを訪れてくれている方にとっては全く参考にはならないかと…詳細は鉄道マニアの方のサイトで…

metro005東京メトロが予想していた以上に(?)盛況な…このスタンプラリー。  初版30000冊だったスタンプ帳の在庫切れ状態が続いていましたが、子供達の夏休みを前にめでたく増刷されました。 “1人1冊というのがルール” ではあるのですが・・・スイマセン・・・新しいスタンプ帳を ゲットしてしまいました。(家族の分ということで御勘弁を…m(_ _)m)

metro006増刷された分のスタンプ帳は初版と比べて親切な内容に一部改訂されていて、とても良い感じです。詳しくなった注意書きに、メトロの路線図、それぞれの駅のスタンプを押すのに最適な下車位置が書かれていたり、内容はかなり充実していますmetro007

 

  そのうちに涼しい季節になったら、もう1度挑戦してみようかなぁ。

    (今度は各駅の周辺を散策してみたりして楽しみながら・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月14日 (木)

パワプロ12

注文していた 実況 パワフルプロ野球12 が届いていました♪

pawapuro12 

 近年はTVゲームをほとんどやらなくなりましたが、

  唯一、購入するのが「パワプロ」シリーズ。

  (昨年は「ドラゴンクエスト8」も購入しましたが)

  最近ではリアルな映像の野球ゲームが多い・・・

  でも、パワプロは気楽に遊べるので大好きです。

   あまり熱中する時間もないので、ボチボチと楽しむことにしよう。

  (スワローズのシナリオモードがメチャクチャ簡単過ぎるなぁ…(^^; )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水)

連敗STOP

阪神戦4連敗で、チームは5連敗で、川島も5連敗で・・・全てSTOP!

【ヤクルト 1-0 阪神】(千葉マリンスタジアム)

★川島亮★ 地元・千葉で…まさしく “エース” のピッチング!

★宮本慎也★ 川島を助ける… “値千金” のタイムリー!

 ★石井弘寿★ チームと川島の白星を絶対に守る!…さすが “守護神” 

 ★小野公誠★ 昨日の “ミス” を糧に(?) …好リード&決勝ホーム!

久々の嬉しい勝ち試合なのに、こんな日に限って試合を見ていないし・・・(^^;    (外で雑音交じりのラジオ中継は聞いていました。) バント失敗など毎度のマズイ攻撃もあったようですが、今日は素直に喜ぼうじゃありませんか! \(^o^)/ 川島は前回のマリンスタジアムでの登板のロッテ戦の時も【1-0】、そして今日も…“虎の子の1点”をガッチリと守ってくれました♪  『川島、ありがとう☆』

| | コメント (7) | トラックバック (7)

2005年7月12日 (火)

オウ オウ オウオウ

頭の中で六甲おろしのメロディーと歌声がグルグル・・・(壊)

【ヤクルト 5-7 阪神】(千葉マリンスタジアム)

石川が1点ビハインドの場面でリリーフ登板も・・・公誠・・・(涙) おまけに敵将には「石川は明日の先発かもしれないと思っていたので予想が楽になった♪」   ・・・とまで言われる始末・・・(号泣) 不調の井川に14安打を浴びせてみても残塁の山・山・・山・・・(涙枯) 4番は働いてくれないし・・・(溜息) 9回の久保田はいい加減に見飽きたし・・・(藤川も、ウィリアムスも) 試合は長いし・・・(疲)

 ★青木宣親★ “グラビアデビュー” おめでとぉー! (猛打賞も…ね)

明日は川島の今季2度目の地元登板に期待☆ 援護してやってくれ~!

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2005年7月11日 (月)

サザン vs ラルク vs グレイ 再び!

2000年7月19日・・・【サザンオールスターズ】【L'Arc~en~Ciel】【GLAY】・・・強力な3アーティストのSINGLEが同日発売で競合して話題になったことがありました。

その時の発売1週目のオリコンチャートは・・・

  • 1位 GLAY 「MERMAID」
  • 2位 L'Arc~en~Ciel 「STAY AWAY」
  • 3位 サザンオールスターズ 「HOTEL PACIFIC」

初動セールスでこそ出遅れたものの、トータルセールスはサザンが1番でした。

   (ちなみに個人的には・・・この時はサザンのCDだけを買いました。)

あれから5年の時を経て・・・2005年7月20日・・・再び3者が激突することに・・・

最近はCD業界全体が低迷していることもあって、当時に比べるとそれぞれのアーティストの売上枚数自体は1/3から1/4ぐらいに落ち込んではいますが、固定ファンは多いのでハイレベルな戦いが期待できるのではないかと思います。各アーティストの最近のオリコンチャートのセールスから考えると、初動&トータル共に…1位:サザン、2位:ラルク、3位:GLAY…という順位が妥当なところ。しかし今回は、GLAYはEXILEとコラボレーションしている話題の豪華SINGLE、ラルクも「劇場版 鋼の錬金術師」の主題歌という強力タイアップ、それだけにチャートの動きが面白そう。    しかも、1日後の7月21日にはもう1枚の強力な新譜・・・

    (バンプ大好きな自分としては絶対に↑は買います♪)

前週には【NEWS】【大塚愛】【Dragon Ash】の新曲もリリースされていますが、2週目の売上枚数は大したことはなさそう。個人的な予想としては…サザンが1位、EXILEにパワーがあるのでGLAYが僅差で2位、ラルクが3位…って感じかな。バンプはたぶん4位だろうなぁ…。トータルではやっぱりサザンが1番売れるでしょう。巷ではとっくの前から話題になっていることですが、どういう結果になるのか興味深いです。

         【GLAY×EXILE】 1位獲得 (7/26 記事)

| | コメント (9) | トラックバック (5)

2005年7月10日 (日)

ショボーン

米野がついに2安打♪  それじゃきっとチームも勝・・・ エエェェェェエエ ・・・

【横浜 4-2 ヤクルト】(鹿児島県立鴨池野球場)

毎試合、似たようなスコアだなぁ・・・。それにしても相変わらず点が取れない。ちょっと打てないからといって打順をいじるのは本当は好きではない。でも、あまりにも繋がりが悪過ぎて、もう我慢の限界。何とか策を講じて欲しいところなのだが・・・。といっても、起爆剤になりそうな選手も見当たらないし、どうしたものか… ┐('~`;)┌

2ヶ月ぶりの借金生活へ突入・・・。調べてみると、このブログを始めてからのスワローズの成績は【10勝17敗】´・ω・`)  おもいっきり“疫病神”状態で、すっかり自己嫌悪・・・。やっぱりひっそりと応援していた方が良かったのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

夏クール 連続ドラマ 【初回評価】

夏クールドラマの初回放送が各作品ほぼ出揃ったので簡単な初回評価を・・・

( < > 内の数字は10点満点評価 )

◎ 「海猿」 <9> 「ドラゴン桜」 <8>

○ 「いま、会いにゆきます」 <7> 「がんばっていきまっしょい」 <7>

   「スローダンス」 <6> 「電車男」 <6> 「おとなの夏休み」 <5>

△ 「女系家族」 <4> 「はるか17」 <3>

□  「幸せになりたい!」 < スタート前 → (7/14…見ました…<3>) >

× 「女王の教室」 < 未見リタイア > 「菊次郎とさき」 < 未見リタイア >

あくまでも第1回だけを見ての評価です。放送回数を重ねるうちに評価が変わることも良くある話で・・・。もしかしたら「女系家族」が◎になるかもしれないし、「スローダンス」や「いま、会いにゆきます」が△になるかもしれません。今クールに限らずに感じることですが、初回の放送時間延長は必要ないのではないかと (最終回の延長は“あり”なのですが・・・)。何となく間延びしてテンポが悪くなる気が・・・。   でも、個人的には夏クールの初回を見て期待できそうな作品が多いように思う。それぞれのドラマのレビューは最終回が終わってから評価とともに書くことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月 8日 (金)

プロ野球 オールスターゲーム 出場選手

「2005 サンヨーオールスターゲーム」出場(予定)選手 が決定。

★ヤクルトスワローズ★   セ・リーグで2番目に多い6人が出場♪

【五十嵐亮太】 【古田敦也】 <ファン投票>

【藤井秀悟】 【石井弘寿】 【岩村明憲】 【青木宣親】 <監督推薦>

古田の4年ぶりのファン投票選出は嬉しいけれど、体の具合を考えると休ませてあげたい気持ちでいっぱい。成績も良い訳ではないので本人も少し複雑だろうなぁ。  でも、華やかな舞台が似合う選手だし、リフレッシュを兼ねて楽しんで欲しいです。  亮太も絶不調にもかかわらずファン投票選出。それだけ多くの人がスピードを期待しているのだろうし、クルーンと一緒に盛り上げてくれるのも、それもまた良し。モヤモヤ続きの亮太にとっては精神的にいいキッカケになるかも。藤井は4年ぶり&弘寿は3年ぶりの球宴出場。スワローズ投手陣の実力を見せつけてくれるでしょう。岩村はお祭りムードの中で燃えるだろうし、ド派手な一発を狙って欲しい(普段は確実なバッティングを…(笑))。何といっても一番嬉しいのは青木の初出場♪ 外野には赤星・金本がいるので出番は多くないかもしれないけれど、足と守備とセンス抜群のバッティングで思いっきり全国へアピールしてくれることを期待☆ 狙え!MVP★

セ・リーグは巨人の選手が3人しか出ていないのが素晴らしい♪ 阿部なんかは出てもおかしくない気がするけれど、福嗣の父ちゃんは谷繁を選んだみたいで・・・。 パ・リーグはロッテの選手が10人!以前は小坂だけなんて時代もあったのに・・・ 凄いッ! 個人的にはソフトバンクの宮地が選ばれたのが嬉しい♪ 頑張れ~!   オリックスは平野、楽天は礒部、それぞれ1人だけ・・・せめてオリックスは大久保、楽天は福盛ぐらいは出してあげたい気がするなぁ・・・。ロッテの久保と西武のおかわりクンも出ていないし、パ・リーグは選ぶのが難しいようだ。どちらかといえば、  信子のダンナが選んだセ・リーグのメンバーの方がバランスが良いように感じる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年7月 7日 (木)

貯金もなくなる七夕の夜

打てネーーーーーー!

【阪神 4-2 ヤクルト】(甲子園)

7月7日、七夕の今宵・・・ 甲子園球場を埋めた“タイガース織姫(ファン)”の前(お立ち台)には、“矢野彦星”と“久保田彦星”が現れたようですが、  “スワローズ織姫”が彦星と出逢うことはありませんでした…・゚・(ノД`)・゚・。

<【阪神】 4回裏に1点を勝ち越して、なお2死満塁・・・>

4回2失点と好投の先発・ブラウンに、代打・濱中を告げて勝負に出た岡田監督。

<【ヤクルト】 2点差を追う、6回表2死2塁・・・>

バッター・米野をそのまま打席へ送った若松監督・・・。もし代打を起用すれば敬遠されて、 4失点とはいえ好投の石川に打順がまわる。米野を交代すれば、試合に出ることができる捕手は公誠だけ。でもね、結果はどうあれ勝負をして欲しかった。  今日はそれぐらい大事な試合だと思っていましたが・・・

  貯金『0』 ・・・ 心機一転、開き直って新たなスタートを!

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005年7月 6日 (水)

ラミちゃん、メッ!

川島が可哀相だ・・・  今日も投げて打って走って、頑張ったのに・・・

【阪神 2-1 ヤクルト】(甲子園)

打線は好投の川島に報いることも出来ずに奪われた三振の数…『12』

ラミぃぃー! もうちょっと4番の働きを見せてくれー… (-_-メ)

最近はパフォーマンス部門でも、「チョップ、チョップ、パナマウンガー!」 の   博多の某助っ人 に、オイシイところを持っていかれているぞー!

負傷の古田に代わってスタメンマスクの米野。懸命にリードしていたし、強肩も見せてくれた。しかし、いつになったら打率が『.000』でなくなるのだろう…。確かにキャッチャーは打撃より守備が大事。リードで頭がいっぱいなのはわかる。偉大な正捕手の存在にプレッシャーがあるのもわかる。とはいえ、バットを持っている以上はもう少し何とかならないものだろうか…。投手の打席の方が期待が持てるような状況ではあまりにも悲しい。打席で何とか塁に出てやろうという気持ちと工夫が欲しい!

   【米野智人】 15試合 (27打席) 23打数0安打 打率 .000

頑張れ!米野 守りに関してはイイものがあるし、期待しているんだぞー☆

     (城石も、何とかしてくれー! 7・8番がこれでは辛い・・・)

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005年7月 5日 (火)

気合不足

【阪神 4-1 ヤクルト】(甲子園)

藤井ぃぃぃー!・・・ 秀悟ぉぉぉー! ・・・ (T_T)

021  自らのオフィシャルサイトで、愛犬の写真を

   公開するほど、チワワ好きな藤井☆

   同じくチワワ大好きな自分としては、

 心から応援しているし、頑張って欲しい!

もちろん今季は凄く頑張っているけれど、今日は残念な投球内容だったよ・・・

先週以上に大事な今日の試合に、巨人相手の時ほどの気迫を感じなかった。   上々の立ち上がりだったとはいえ、4回裏・・・赤星の内野安打で出塁を許した後、鳥谷の送りバントの打球処理の動作があまりにも緩慢過ぎるように感じた。結果は一塁はアウトになったけれど、どうも集中力を欠いているように思えてならなかった。そんな不安が的中して、あっという間に4失点… (-_-;。            その後は点こそ取られなかったものの、完全に気持ちがきれてしまっていた。   来週のマリンスタジアムでの阪神戦で汚名返上のピッチングを絶対に頼む!

それより・・・ ぉぃ! スペンサー!! 何してくれてんねん!!!

際どいタイミングのクロスプレーならまだしも、完全なアウトのタイミングであのホームへの突入はないだろぉーガッ! (`Д´)  (ホームベースへ行こうとしていないし・・・。)  ただでも 満身創痍の状態で試合に出続けている古田 に ・・・     新たな故障箇所(左足首の足関節捻挫)が・・・・゚・(ノД`)・゚・。

スペンサーの走塁を「ナイスファイト」だなんて全く思わないけれど、それでもスワローズの選手達よりも相手の方の気合が完全に勝っていた。攻撃でも守備でも一つ一つのプレーに対する執念が、やっぱり相手の方が上。明日・明後日と相当な覚悟で挑まないと、大袈裟な話ではなく取り返しのつかないことになるような気がする。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005年7月 4日 (月)

映画 「四日間の奇蹟」

四日間の奇蹟

映画 「四日間の奇蹟」 (佐々部 清 監督) を見ました。

映画「黄泉がえり」のヒット以来、人の生死を描いた小説の映画化があまりにも多過ぎて少しどうかとは思うのですが…。コレに関しては “大好きな佐々部清監督” の作品ということで、どうしても見たかったのです。「陽はまた昇る」「チルソクの夏」「半落ち」…佐々部作品は決して派手さはないけれど、心に響いてくる。    去年、たまたま「チルソクの夏」の試写会へ行ける機会があって、生の佐々部監督を見てより一層ファンに・・・ (その時は佐々部監督と同郷の友人ということで、映画の応援団長として、安倍晋三・自民党幹事長代理も来ていました)。

「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」などは原作小説を読んでいたのですが、「四日間の奇蹟」は全く予備知識がない状況で見ました。

実際に映画を見ての感想は… 静かな感動がある作品 でした。       元々の作品自体に思い入れがないからかもしれないけれど、素直に受け入れることができました (原作のファンの方にとっては不評な部分もあるようですが…)。

上映終了後に外へ出ると… 「なーんかさー“セカチュー”とかみたいなのに比べると盛り上がりに欠けるから“グッ”とこないんだよねぇー」 …という女性の声。個人的には映画としては “セカチューよりグッときた” けどなぁ…。絶対に映画館では泣きたくないタイプなのですが、ラストの方は不意に涙が出そうに・・・(結局は泣かなかったけれど)。最近、心が弱ってきているからかな…(^^;。

主人公・敬輔役の吉岡秀隆は悪くなかったけれど、どちらかといえば石田ゆり子が演じる真理子の視点で描かれていて受け身な感じだったので、気の毒な感じも。 石田ゆり子は、映画「解夏」やニッカオールモルトのCMなんかでも感じるけれど、 30代になってどんどん雰囲気がある素敵な女優になってきていると思う。      主演の2人以上に素晴らしいのが…千織役の“尾高杏奈”。  ネタバレになるので詳しくは書きませんが、まだ15歳(撮影当時は14歳?)ながらかなりの難役を好演していて驚きました。西田敏行や松坂慶子は存在感があるし、平田満や石橋蓮司などは出番が多い訳ではないけれど、さすがに味があります。

劇中音楽はもちろん、平原綾香が歌う主題歌「Eternally」(ヒットしなかったのが残念)も、舞台となっている山口県の角島の風景も、とても良かったです。         映画全体としては最高に素晴らしかったとは言えない部分もあるのですが・・・   佐々部監督らしい穏やかな作風に心に響くものはありました。

佐々部監督の次回作「カーテンコール」(予告編が良かった)も絶対に見たいし、   この「四日間の奇蹟」もDVD化されたら是非もう1度見てみたいです。               そして何といっても、浅倉卓弥の原作小説を読んでみたいと思いました。

「四日間の奇蹟」 【評価】 ★★★☆ <3.5> (五つ星満点)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月 3日 (日)

土日連勝

先週に続き土日連勝! やっぱり週末だと余計に気分が良い♪

【ヤクルト 5-2 中日】(神宮)

今日は試合自体を全く見聞きしていないので、詳細や興奮を味わいたい方は他の燕ブロガーの方々のところでどうぞ・・・m(_ _)m (最近、手抜きブログで申し訳ありません。 決して“ぐうたら病”が発症した訳ではないですよ?…(- -; )

 とりあえず・・・ ガン&ガト、良くやった! アンタはエライッ!!

ところで・・・ 今日は長嶋茂雄氏が東京ドームへ久々に姿を見せたようですが、  まるで天皇陛下御観戦の天覧試合のようなアノ異様な雰囲気はどうなんでしょう? ファンが姿を見る事が出来て喜ぶ気持ちはわかりますが、リハビリ中の状態にもかかわらず“讀賣グループの思惑”で見せ物のようにされている様子には、長嶋氏御本人がお気の毒な感じに見えました。Gナインも今日はやりにくかったのでは?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年7月 2日 (土)

ガ━━(゚Д゚;)━━ン

【ヤクルト 9-4 中日】(神宮)

色々と書いた記事が何故かココログ保存中に消えました・・・ (つД`)

青木の右太もも裏の具合が心配だとか、真中の1000本安打記念の下敷きが欲しかったとか、イースタン・リーグでロッテの加藤康介に完全試合を達成されちゃったとか、今日は勝って良かったとか(それがメインじゃないのかよッ!)・・・まぁ、ゴチャゴチャと書いていたのですが・・・もう1回書くのが面倒なので、今日はおしマ~イケルッ!

   明日も勝って甲子園での試合へ弾みをつけたい!

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005年7月 1日 (金)

小雨の神宮

小雨が降る神宮球場へ行った。

0701001

      ファンクラブ窓口で  

 ガンちゃんのピンバッジを貰った。

  1回から苦手の山本昌を相手に

      3点を先制して喜んだ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0701002

  8回裏で神宮の外へ出た。

   花田・・・ゴメン・・・・・・・

 【ヤクルト 4-8 中日】(神宮)

「晴れ男」だと思っていたのは間違いで、自分は「雨男」だったと実感した。               

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »