« 球場で一見の価値のあるプレーヤー | トップページ | 劇的神宮 »

2005年8月21日 (日)

駒大苫小牧 夏連覇

「第87回 全国高校野球選手権大会」 がついに閉幕。

駒大苫小牧(南北海道)が 昨年に続いての優勝☆                57年ぶりとなる夏連覇の偉業を成し遂げました!

春夏連覇よりも難しい夏連覇という偉業を、しかも北海道の高校がやってのけたというのは本当に凄い!昨年の優勝の時と比べると打線の迫力は少し劣っていたけれど、鍛え抜かれた見事な守備力(特に内野手)と層の厚い投手陣、リーダーシップを存分に発揮した主将の林クンを中心としたチームワークで掴み取った素晴らしい優勝でした。まだ34歳と若い香田監督の卓越した采配と雪国のハンデを感じさせないこれだけのチームを2年連続で作り上げてきた手腕に心から拍手を送りたい。そして何といっても、林クンはプレーも人間性も全てにおいて魅力があってプロで見てみたい選手だと思った。2年生投手の田中クンはストレートの球威だけでなくスライダーとフォークのキレも抜群で、背番号「1」を背負うであろう新チーム…まだまだ駒大苫小牧の時代が続くかもしれません。

京都外大西(京都)が 初の決勝進出で準優勝☆          (京都出身であり、監督のファンでもあったので、肩入れして応援していました。)  今夏限りでの勇退を決めた65歳のベテラン・三原監督の京都外大西での最後の夏を何とか飾りたいと一丸となって戦う選手達と監督の固い絆が見ていて清々しかった。特に2回戦の関西(岡山)との試合で8回を迎えて【4-10】と6点も負けている場面から大逆転勝利をした戦いは今大会で一番心に残る試合でした。1年生投手の本田クンは貫禄十分で今後の成長が楽しみな逸材。準決勝からは完全にバテてしまっていたのが少し残念だったけれど、励まし支え続けた先輩達も含めて本当に頑張っていました。大会前はまさか決勝まで行くとは思ってもいなかったので嬉しかったし、“三原マジック”も堪能できたし、今夏の甲子園が心から楽しめました。京都外大西の準優勝に拍手! 記憶に残る良いチーム。

今大会は決勝戦に象徴されるように毎試合が手に汗握る熱戦続きでワクワクしました。既に府大会の予選から全国制覇を本命視されていた大阪桐蔭(大阪)は優勝こそ逃したものの、怪物と騒がれ続けた辻内クンと平田クンの2人が甲子園に伝説を刻み込み、間違いなく主役の存在でした。そしてそんな強豪校に次々と真っ向から挑んだ初出場の清峰(長崎)は高校野球らしい感動と旋風を巻き起こしてくれました。大会直前に前代未聞の出場辞退になった明徳義塾に代わって出場した高知(高知)の全力プレーも忘れられません。辻内クンはもちろん、宇部商(山口)の好永クン、鳴門工(徳島)の田中暁クン、青森山田(青森)の柳田クンなど他にも印象に残る左腕投手が多い大会でもありました。エラーやミスなどで点が入る場面は今大会も目立ち、そのことに苦言を呈する意見などを良く見聞きするけれど、それも高校野球らしくてイイのではないだろうか…と個人的には思います。夏の甲子園が終わると、何だか妙に寂しい気持ちになるんだよなぁ…毎年。(笑)

|

« 球場で一見の価値のあるプレーヤー | トップページ | 劇的神宮 »

コメント

高校野球、いつ見ても決勝戦は泣いてしまいます。
優勝校も準優勝校もそれぞれ、よく頑張った。
もちろんそれまでに敗れた球児たちも。
彼らの中から、明日のプロ野球選手が出てくるのですね。
楽しみです。
その純粋さに比べ、昨今のマスコミの報道には心を痛めています。我らが古田氏の去就を、今まさに戦っているシーズン中に取り沙汰。悲しくなります。
昨夜、泣きながら記事アップしました。TBさせて頂きます。ご意見を聞かせていただければ幸いです。
(勝手なお願いしてごめんなさい)

投稿: RustyCat | 2005年8月21日 (日) 12:21

>RustyCat さん
高校野球はやっぱり純粋に感情移入してしまいます。
全国の高校球児達がどんな道に進むのであっても、
3年間のかけがえのない思い出を大切にして生きていって欲しいと思います。

古田さんの件については・・・
RustyCatさんのブログに書かせていただいた事が正直な思いです。
(長文になってしまい、失礼致しました。)

投稿: take34 | 2005年8月21日 (日) 21:45

コメントありがとうございました。
take34さんのお考えにもなるほどと思えました。
昨夜は少し感情的になっていたのかな。
でも、こうしてお話が聞けて嬉しかったです。
本当にありがとうございました。
今日の燕は残念な結果になってしまいましたが、
また新しい気持ちで週明けから応燕、頑張ります。

投稿: RustyCat | 2005年8月21日 (日) 23:04

>RustyCat さん
いえいえ、どうもです。(^-^)
文章をまとめる力がないもので、まわりくどくなっちゃって…(--ゞ
そういう気分になるのは当然だと思いますよ。
一日でも長く現役の古田さんを見ていたい気持ちはみんな一緒ですから。
今日は負けましたが、畠山のタイムリーもあったし、前向きにいきましょう!

投稿: take34 | 2005年8月22日 (月) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112853/5563746

この記事へのトラックバック一覧です: 駒大苫小牧 夏連覇:

» 前略 古田敦也様 [♪ ねこたちの昼寝]
初めてあなたを見たのは、東京音頭ならぬ、アトムの歌が鳴り響く、 同立戦でのことでした。 私のいたのは母校、同志社側のスタンド。 野球の好きな友人に、プロ入りするかもしれないと教えられました。 ソウル五輪の時には、初めて身近に思える選手であったあなたに、 テレビの前で声援を送りました。 そして、ヤクルト入団。プロ野球を見るようになったのもこの時からです。 以来、16年、ずっとあなたを見続けてきたつもりです。 球場に足を運ぶことの楽しさも、あなたに教えてもらいました。 あなたを通して、スワローズ... [続きを読む]

受信: 2005年8月21日 (日) 12:47

« 球場で一見の価値のあるプレーヤー | トップページ | 劇的神宮 »