« 伊『藤』美咲 | トップページ | 駒大苫小牧 夏連覇 »

2005年8月19日 (金)

球場で一見の価値のあるプレーヤー

このままではあまりにも酷いので、少しはスワローズの話題でも・・・

17日の讀賣新聞の夕刊に 【リグス】 に関する記事が掲載されていました。(あの讀賣にしては珍しくマトモな内容の文章を書いてくれています。)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原動力は駆け回るリグス、守備も懸命…好調ヤクルト   【NEWS @nifty】

阪神と中日の激しい首位争いの裏で、例年後半戦に強いヤクルトが、11勝7敗と好調で3位に食い込んでいる。そんなチームの原動力となっているのが、7月30日からスタメンで起用され、球場狭しと駆け回っているリグスだ。昨秋キャンプのテスト参加を経て入団。内外野を守れる万能選手として期待されたが、外野で守備のミスを繰り返すなどして、代打要員となっていた。その迷える助っ人に、後半戦に入ってチャンスが回ってきた。不振の鈴木に代わって一塁手で出場。すると、たまっていたうっぷんを晴らすかのように打ち出した。7月31日の阪神戦で決勝弾を放ち、5、6日の巨人戦では8打席連続安打。活躍の裏には来日5年目のラミレスのアドバイスもあるが、渡辺チーフコーチが「師匠(ラミレス)を抜いちゃったんじゃない?」と冗談めかして言うほど。現在、15試合連続安打でチームに欠かせない存在になっている。そんなリグスの最大の武器は、チーム一の俊足の青木にも引けを取らない足。9日の広島戦の六回、三塁走者だったリグスは、空振り三振の打者が振り逃げを狙った際、捕手が一塁へ緩く送球するのを見るや、本塁を陥れる好走塁を見せた。不安視された守備でも、持ち前のガッツで懸命にアピール。誰もが捕れないと思うファウルフライでも、スライディングキャッチを試みる。一塁ゴロで、飛び出した二塁走者を二遊間まで追いかけてタッチアウトにしたこともある。「高校球児みたいだって? チームメートからも言われるよ」。その姿勢がチームに与える影響は、少なくない。キャンプで長髪だったころについたあだ名は、「小泉さん」。しかし、最近は短髪で、真ん中で立たせているから「キューピーちゃん」と呼ばれているらしい。ずんぐりした外国人らしからぬ体形に、だぼだぼのユニホーム、高校球児のような全力プレー…。間違いなく、球場で一見の価値のあるプレーヤーだ。(西村海)                                         【2005年8月17日付 読売新聞 夕刊】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

オープン戦やシーズン開幕当初は…人柄の良さは十分に伝わってきても、あまりにも攻守の内容がお粗末過ぎるので、正直言って使わないでくれと思っていました。 そんな中…5月9日のソフトバンクとの交流戦で、延長11回に代打起用されて三瀬から初球をライト前にヒットを打って、城石のサヨナラヒットの場面をお膳立てしたことがあった。ちょうどこの試合は神宮の内野席で観戦していたのだが、アノ日からリグスの打撃内容が少しづつ良くなっていったように思う。ライトの守備の方ではその後も目を覆いたくなるような場面を何度も目の前で披露してくれて腹が立つこともあったけれど、自分の中での評価は徐々に良い方へと変わっていきました。何と言っても↑の記事にもあるように一生懸命なプレースタイルに好感が持てる。そんな姿勢が最近の神懸り的な大活躍へと実を結んでいったのでしょう。先日の巨人戦の時には敵の堀内監督が自軍のダメ助っ人達と比較して羨ましかったのか、清原の悪影響(?)でワガママ放題のローズに嫌気がさしていたのか、リグスの直向さを絶賛していたことがありました。好調な現在でも打席で脆さを見せる事もあるけれど意外性があって面白いし、ファーストの守備は外野と違って見事にこなしているし、    スワローズにとって欠かせない愛すべき選手になってくれました。

『球場で一見の価値のあるプレーヤー』 …今後もそんなリグスを応援します!

|

« 伊『藤』美咲 | トップページ | 駒大苫小牧 夏連覇 »

コメント

2月のキャンプで初めて話して以来、リグス選手は私の中で注目すべき選手の一人に。開幕当初、避難される彼をひたすら応援しつづけた甲斐がありました。最近の活躍、
母のように喜んでいます。
そんな彼ですが、スワローズだったから、開花できたのだと思います。
チームメイトの暖かさ、中でもラミレスは本当に親身になってくれているようで。
助っ人なんて治外法権みたいな存在じゃなく、彼らは、間違いなくチームの
大切な仲間。そんなスワだから彼らの活躍もあるのでしょうね。

投稿: RustyCat | 2005年8月19日 (金) 11:45

>RustyCat さん
スワローズだったから… 本当にそう思います。
ラミちゃんの存在は新外国人選手にとってはかなり心強い!
移籍選手もそうですが、スワローズには溶け込みやすい雰囲気がありますね。

残念ながら、リグスの連続試合安打がストップしてしまいました…(T_T)

投稿: take34 | 2005年8月20日 (土) 02:23

なんだか、昨夜のゲーム終了時点から、
頭の中でリグスのテーマがリフレイン状態なの。
これは、今日のゲームでバカあたりの暗示では?
昨日、一人だけ乗り遅れちゃったしね。

投稿: RustyCat | 2005年8月20日 (土) 12:44

>RustyCat さん
今日の試合のリグスは最後に1本ヒットが出て良かったですね。
もしかしたら、そのリフレインは明日の試合への暗示だったのかも?
何だか明日はバカあたりしそうな予感がしてきました!(願)
でも、今はリグスに舞い降りた神様は小野公誠に乗り移っているような気も…(゜o゜)

投稿: take34 | 2005年8月21日 (日) 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112853/5537171

この記事へのトラックバック一覧です: 球場で一見の価値のあるプレーヤー:

» リグス♪ガトームソン♪ [♪ ねこたちの昼寝]
It's amazing! The best play of the year. に 輝いてもいい走塁だと,私は信じています。 <suggiさんのリクエストにお応えして,リグスとの思い出を> あれは,今年の2月16日,浦添のヤクルトキャンプでのこと。 早朝,横浜を出て,沖縄へ。 いつものことですが,空港からまっすぐ球場へ向かう。 と,グランドで練習中の背番号2番が私の目に止まる。 敬愛する飯田選手の背番号,しかも,つけているのは外国人。 素朴な疑問   誰? 急いで,携帯でヤクル... [続きを読む]

受信: 2005年8月19日 (金) 11:46

« 伊『藤』美咲 | トップページ | 駒大苫小牧 夏連覇 »