« 劇的神宮 | トップページ | 宝くじの日 お楽しみ抽せん »

2005年9月 1日 (木)

映画 「亡国のイージス」

亡国のイージス
亡国のイージス
posted with amazlet on 05.12.07
ジェネオン エンタテインメント (2005/12/22)

映画 「亡国のイージス」 (阪本順治 監督) を見ました。

【キャスト】 真田広之/中井貴一/佐藤浩市/寺尾聰/勝地涼/チェ・ミンソ/原田芳雄/原田美枝子/岸部一徳/吉田栄作/谷原章介/豊原功補/安藤政信/真木蔵人/平泉成/光石研/橋爪淳/天田俊明/松岡俊介/池内万作/ 中村育二/矢島健一/鹿内孝/佐々木勝彦/佐川満男/春田純一  他 ・・・

個人的には顔触れだけで絶対に見たくなるぐらいの↑超豪華キャスト。福井晴敏の原作小説は素晴らしい大作。しかし、映画はなんとも中途半端で期待ハズレ…

原作と比べてあまりにも内容を削り過ぎ。読んでいない人にとっては人物関係や設定などが理解しにくいのではないだろうか。無駄に展開だけ早いので登場人物の心情描写が全然足りなくて感情移入もできない。それならばアクションシーンや映像に重点を置いたのかといえば、そちらの方もかなりの製作費とリアルさを追求したわりにはイマイチ迫力不足。豪華俳優陣の役作りや熱演は光っていたのにもったいない。阪本順治監督は骨太な人間ドラマを描ける人だというイメージが強く、期待が大きかっただけに残念。2時間程度で表現するのはやっぱり難しかったのだろうか。

↑にも書いたように俳優陣の熱演は見所があった。先任伍長役の真田広之は好きな俳優だし、今作品でも良い芝居をしていた。ただ、いつも感じること…もう少し身長があればいいのに…と。演技力があるだけにもっとスクリーンで映えるだろうと思う。中井貴一は某国工作員を独特の雰囲気を漂わせて重厚に演じていた。防衛庁情報局の内事本部長役の佐藤浩市は原田芳雄や岸部一徳などと同じようにハマリ役。副長役の寺尾聰はちょっとイメージが違うかなぁ…。本来は渋くて好きな俳優の1人ではあるのだが、今作品ではもう少し力強さが欲しかった。それと寺尾聰の妻役が「半落ち」の時と同じ原田美枝子というのは何だか興醒め。ベテランの俳優陣に混じって作品の中でも重要な役どころである如月役を演じた勝地涼は頑張っていたと思う。原作イメージの如月ではなかったし、演技力抜群とは言い難いけど、ドラマ「さとうきび畑の唄」を見た時にも感じたように顔や雰囲気が結構好き。紅一点で工作員役を演じたチェ・ミンソはダイエットなど過酷な役作りをしてまで熱演したのに、中途半端な描写のせいで今ひとつ存在感が伝わらなくて気の毒だった。吉田栄作・谷原章介・豊原功補・安藤政信などもそれぞれに良かったけど、やっぱり描き方が甘くて魅力を引き出せていない感じは否めない。せっかくの俳優の頑張りがあっても、心に響いてくるものが少なかったのが何度も言うように本当に残念だった。

映画 「亡国のイージス」 【評価】 ★★ <2> (五つ星満点)

映画を見て消化不良だった人は原作を読んでみた方がいいかも。

亡国のイージス 上  講談社文庫 ふ 59-2
福井 晴敏
講談社 (2002/07)
売り上げランキング: 164

色々と考えさせられます。上下巻あって長いので根気がいりますが…

|

« 劇的神宮 | トップページ | 宝くじの日 お楽しみ抽せん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112853/5746389

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「亡国のイージス」:

« 劇的神宮 | トップページ | 宝くじの日 お楽しみ抽せん »