« 神宮開幕戦チケット確保 | トップページ | Life with Music »

2006年2月21日 (火)

映画 「燃ゆるとき」

映画 「燃ゆるとき」 (細野辰興 監督) を見ました。

              

=============== ◆◇◆◇◆ 【キャスト】 ◆◇◆◇◆ ===============

  中井貴一 大塚寧々 長谷川初範 / 津川雅彦 / 伊武雅刀 鹿賀丈史

   中村育二 木下ほうか 鈴木英介 佐藤一平 奈良橋陽子 矢島健一 他

==========================================================

moyurutoki002 正直に言えば、わざわざ映画館へ足を運んでまで

見たいと思っている作品ではなかったのですが…

【産経新聞社「Sankei Web」】 の招待券プレゼントで

特別鑑賞券が2枚当たったので、行って来ました。

高杉良の小説が原作の映画 といえば、7年前に公開の 「金融腐蝕列島 呪縛」公開当時に映画館で見ましたが、それなりに見応えがあって良かった。 こういう類のビジネスドラマは意外と好きではあるのです。で、「燃ゆるとき」の感想はといえば…

『“カップ麺” と “アメリカ” と “中井貴一”』 …そんな印象の映画 (笑) 「マルちゃん」の東洋水産をモデルに描かれた、カップ麺でアメリカ大陸に戦いを挑んだ男達の話 で、まさしく 「プロジェクトX」「ガイアの夜明け」 のような空気が充満する 『美談だらけ(?)のドキュメンタリー』 という雰囲気の作品でした。

少し皮肉っぽく書いていますが、決して悪い作品ではありません。実際はなかなか難しいことですが、揺るぎない信念を持ち続ける社長や、主人公の川森のように実直な姿勢を貫いて仕事をする様子は清々しい。最近の日本国内ではあらゆる面で企業姿勢が問われるような出来事が多いだけに、より強くそう感じました。でも、登場人物に共感はできるのですが、映画としては全体的に何かが物足りない。綺麗にまとまりすぎているというか、こういう描き方で良いのかと首を傾げたくなる展開もありました。

       映画 「燃ゆるとき」 【評価】★★★ <3> (五つ星満点)

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

味気ない公式サイトや小規模な宣伝… 配給の東映にヒットさせてやろうという気合が感じられず、監督・スタッフ・キャストが気の毒。地味な題材ということもあって、映画館の客の入りもハッキリ言って寂しい現状。ターゲットは団塊の世代の人達と支えてきた奥様方という感じで、若い世代(特に女性)には敬遠される作品だろうとは思います。でも、ホリエモン的な生き方(別に否定はしません)に憧れているような社会人になる前の学生に一番見て欲しい。 何だか説教臭いオヤジみたいですね…(笑)

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

ザ エクセレント カンパニー 新・燃ゆるとき
高杉 良
角川書店 (2005/09/22)
売り上げランキング: 182,153

|

« 神宮開幕戦チケット確保 | トップページ | Life with Music »

コメント

いやあ、全く同感! 
酷い宣伝でした。その酷さのシンボルはパンフレット。こんな手抜きのパンフレットは初めてみました!? しかも600円?! 東映は何を考えているのかッ。「男たちの大和」だけ当たれば良いと思っているのだったら、正直、馬鹿です。
これほどの作品を創った監督、スタッフ、キャストにどう顔向けするのだろう?  
 2チャンネルで「「燃ゆるとき」を和製フランク・キャプラ作品」って評した女性が居て大評判になったらしいけど、ウン、その言い方、巧い! って思ったなあ。少なくとも50年代の映画全盛期の香りを持っている秀作でしょう。
 それだけに本当に東映のやる気のなさは酷いものだ。

投稿: | 2006年3月 5日 (日) 12:59

この前のコメントは私、「愛しのエリー」です。あまりに興奮して書き忘れました。
 でも、「燃ゆるとき」3日で上映終わったのですね・・・。
 3週間しか上映しない東映に亦、怒りが沸いてきた!! 

投稿: 愛しのエリー | 2006年3月 5日 (日) 13:03

>愛しのエリー さん

コメントありがとうございます。
この作品に対しての東映の扱いは(公開前から)確かに酷いものです。
「男たちの大和」の大ヒットで満足してしまっているようでは…。
こんなことだから東映は低迷するのだと思います。
地味な題材の作品だからこそ、もっと宣伝に力を入れなければ!
監督・スタッフ、熱演したキャストには本当に失礼な話ですね。
最近、このブログに「燃ゆるとき」関連の検索で訪れて下さる方が多く、
他の作品よりも、映画を見た人の反響が大きいように感じています。
それだけに3週間で見切りをつけてしまうのは残念でなりません。

投稿: take34 | 2006年3月 5日 (日) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112853/8765305

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「燃ゆるとき」:

» [映画]「燃ゆるとき」レビュー [レビュートラックバックセンター]
「燃ゆるとき」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:中井 [続きを読む]

受信: 2006年2月22日 (水) 17:21

» 熱血企業再生 『燃ゆるとき』 [多趣味ですがなにか問題でも?]
さてさて 「燃ゆるとき THE EXCELLENT COMPANY」 を観ました [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金) 15:34

» 「燃ゆるとき」ベタベタだけど、おもしろかったですよ。 [よしなしごと]
 今日は燃ゆるときです。なんと、労組で前売り券が1,000円で売ってました。まじっすか?レイトショーよりも、普通の前売り券よりも安いではないですか!労組の人曰く「社員の人みんなに見てもらいたい映画だから、頑張っちゃいました」と。でもね、1,000円で売っているのを知ったのは、僕が劇場前売り券を買ったあとなのよ。遅い!もっと早く言ってくれよ~。... [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 04:15

» 映画の感想募集中! [フィルムナビ〔film-navi〕]
☆飛翔燕☆様、燃ゆるときのトラックバックありがとうございました。フィルムナビでは、さまざまな映画のクチコミ情報を集めています。映画の感想などをブログに書かれた時には、ぜひまたトラックバックして下さい。お待ちしております!... [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 05:48

« 神宮開幕戦チケット確保 | トップページ | Life with Music »