« 映画 「県庁の星」 | トップページ | 春の訪れ »

2006年3月14日 (火)

2006年初神宮

◆ プロ野球 オープン戦 ◆  < 神宮 > 観客:2027人

【 東京ヤクルトスワローズ  8-0 オリックス・バファローズ 】

3

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[勝利投手]  石井一  2試合 1勝0敗

[敗戦投手]  デイビー 2試合 0勝1敗

[本塁打] ユウイチ1号2ラン(デイビー)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

3    3   3

今日は監督専任だった古田PMの笑顔が多く見られるような試合内容でした。

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

3久々に神宮球場のマウンドへ帰ってきた 石井一久

 先発で 【5回 2安打 無失点 無四球 5奪三振】

 ようやくそれなりの結果を見せてくれてホッとしました。

球威は昔の面影が全くなかったけど、変化球のコントロールが良かった!

そして、2番手登板の 松井光介 【3回 1安打 無失点 2四球 3奪三振】

ルーキーとはいえ27歳。即戦力としてきっと貴重な中継ぎで活躍してくれるでしょう。

何といっても、9回に登板して力強く最後を締めた 高井雄平 が実に素晴らしい!

【1回 無安打 無失点 無四球 2奪三振】  ストレートのMAXは152キロ

今年こそは本当に頼りになる存在になってくれそうで楽しみ。かなり期待しています。

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

打線は 先発メンバー8人がヒットを記録した4回の攻撃が見事。  (1人だけ打てなかった肇ちゃん(三木 → 今日から1軍昇格)がちょっと気の毒・・・?)

3    3   3

ユウイチ 先制タイムリー&2ランホームランの活躍☆ これからも宮出とポジションを争いながら、負けない長打力を発揮してもっともっと魅せて欲しい。オープン戦で打撃絶好調の 田中浩康 は今日も 走攻守で光っていました。でも、WBC組が戻ってくるとスタメンで出る場所がないのが悩み。今年は飛躍の年になりそうな予感がするのにもったいない。サードの守備も見所があって良かったです。サードといえば途中から外野手の志田が守っていました。複数ポジション制の一環?

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

3 三塁ベンチの前では威圧感を漂わせる坊主頭の男が

  睨みをきかせていて、かなり怖かったです…(嘘)

  ↓2人とも好きなタイプの選手ではありませんが、

パ・リーグと大阪&神戸を盛り上げて欲しいものです。

    3   3   3

2人の不調に引きずられるように元気がないオリックス打線。中村監督が大変そう。

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

3  個人的には広島を解雇された助っ人同士の対決↓

 “ラロッカ vs デイビー” に興味津々。(変?)

結果は3打数1安打。ラロッカのレフト前ヒットの時には

デイビーが一塁のラロッカに苦笑で話しかけていました。

それにしても、スワローズにとってラロッカの加入は本当に大きい!(守備は…)

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

今日の神宮球場は寒くて大変。 でも、いよいよ今年も始まったのだと実感。

 (そうそう、新しくなった “開閉式のハイタッチネット” はイイ感じでした♪)

これで、オープン戦2勝目! (まだオリックスにしか勝っていませんが… (^-^ ; )

これからの神宮の連戦で公式戦開幕へ向けて徐々に調子を上げていきたいですね。

|

« 映画 「県庁の星」 | トップページ | 春の訪れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112853/9092838

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年初神宮:

« 映画 「県庁の星」 | トップページ | 春の訪れ »