« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の記事

2006年5月25日 (木)

ガトームソン 快挙! ☆ ノーヒットノーラン達成 ☆

   「 リック! リック!! リック!!! 」

ナイター観戦日和の神宮球場では “リックコール” が何度も響き渡る。

                   「リック」 といっても ・・・

      セカンドの守備が不格好な楽天の背番号 『55』  525jinguu001   ではなく ・・・

    東京ヤクルトスワローズの背番号 『34』 

         【 リック・ガトームソン 】

525jinguu002  525jinguu003

525jinguu004    プロ野球史上72人目

 ★ ノーヒットノーラン ★

      大記録達成!

     「 おめでとう ☆ 」

  「 感動をありがとう ☆☆ 」

525jinguu005 525jinguu006  525jinguu007

  1995年のブロス、1997年の石井一久、今まではTVを通して見てきたけれど、

  スワローズ投手の快挙の瞬間を球場で目の前で味わったのは初体験でした。

7回頃から 「ドキドキザワザワ」 何ともいえない異様な雰囲気に神宮が包まれる・・・

        9回表はまるで優勝決定試合のような興奮状態でした。

独特の雰囲気と大記録達成の現場にいられたことは本当に幸せ♪ 嬉しかった♪♪

              「 米野、ナイスリード! 」

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

● 第5回戦 ●  観客 : 14320人  試合時間 : 2時間57

【 東京ヤクルトスワローズ  6-0 東北楽天ゴールデンイーグルス 】 ( 神宮 )

525jinguu008 [勝利投手] ガトームソン 7試合 4勝2敗

[敗戦投手] 愛敬 6試合 3勝2敗

[本塁打] ラロッカ 13号2ラン (愛敬)

       ラミレス 8号2ラン (愛敬)

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

 神宮球場恒例の 『Player Day』   この日は 【五十嵐亮太 Day】

525jinguu009 525jinguu010

【ガトちゃん Day】 に変更になった(笑)ので “いがりょう” の出番はなし…。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

  4月分の 『神宮球場ホームゲームカード』 の引き換えが再開されたので、

    『スワローズ選手直筆サインボール』 を頂いてきました。 ( 2枚分 )

             ↓ 自分でBOXから引いた結果は・・・ ↓

      525jinguu011

        【 46 飯原 誉士 】  【 68 松谷 秀幸 】

            飯原のサインボールはかなり嬉しいです♪

  記念すべきこの日のウイニングボールを掴んだのは守備固めで出場の飯原。

 大記録達成の瞬間を迎える大事な場面で、目測を誤ってヒヤッとしました…(苦笑)

    松谷のサインは背番号が書いてなければわかりにくいような… ( ^-^ ;

  ケガで苦しみ続けているのを知っているだけに、花を咲かせてほしい選手の1人。

 ファン感で盛り上げているのを見かけるので、個人的には好感度が高いです。(笑)

Inababall

公式ファンブログを覗いてみると、同じようにサインボールと引き換えた方の記事があるのですが、中にはやっぱり選手の判別が難しいサインがあるようです。最近は北海道で4番打者になっている方のようにわかり易いサインが良いなぁ。。。  ← 大ファンです! ( ^-^ ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京のツバメ vs 仙台のカラス

Tsubakarasu001_2

    

    緊急事態発生!

  試合前の神宮球場に

    【Mr.カラスコ】

       乱入!!!

【つば九郎】 の目の前で 【つばみ】 を急襲する暴挙!!

Tsubakarasu002  Tsubakarasu003

今度は 【燕太郎】 にも攻撃!!! 「情けないぞ エンタロ~」

Tsubakarasu004  Tsubakarasu005

  傍若無人な “仙台のカラス” に “東京のツバメ” が激怒!

Tsubakarasu006  Tsubakarasu007

Tsubakarasu008  Tsubakarasu009

            ★ WINNER ★ つば九郎 ★

     Tsubakarasu010

     さすが我らのアイドル&ヒーロー! 「カッコイイ~☆」

        ・・・・・・ Mr.カラスコ ・・・・・・ わざわざ東京まで 「お疲れさん!」 (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

助っ人トリオが大ブレーキの 【真中満 Day】

● 第1回戦 ●  観客 : 15066人  試合時間 : 3時間17(中断10分)

【 東京ヤクルトスワローズ  3-6 福岡ソフトバンクホークス 】

          <8回裏終了 降雨コールド>  ( 神宮 )

519jinguu001_2 [勝利投手] 斉藤和 9試合 5勝2敗

[敗戦投手] 館山 3試合 1勝2敗

[セーブ投手] 藤岡 16試合 1S

[本塁打] 松中 9号3ラン (館山)

                            宮本 2号ソロ (斉藤和)

  519jinguu002_1   519jinguu003_1

 6回頃から急に激しく降り始め、8回裏の攻撃中の時にはかなりの大雨。

   打者の集中力がなくなっている感じだったので、仕方がない・・・。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

519jinguu004_1  519jinguu005

519jinguu006    今日は 【真中満 Day】 でした。

 宮出が絶好調なので、DH制の試合でなければ、

  スタメン出場の機会がないので、ちょっと残念。

それでも、代打出場で粘って四球を選んで出塁して、

3点目のホームを踏みました。とりあえず良かった♪

 (微妙に面白かった 「ネクタイふりふりコンテスト」 は

   先週の 「傘振りコンテスト」 と趣旨が一緒なのね…(笑) )

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 今日の試合は5回裏の攻撃に尽きます。無死2・3塁のチャンスでリグスが三振、

 岩村が敬遠されて一死満塁の場面でラミレスとラロッカが凡退で結局は無得点。

 直後の6回表に2回からは粘投していた館山が踏ん張りきれずに痛恨の3失点。

  7回裏にも絶好のチャンスに助っ人トリオが不発だったし、マズイ展開でした。

復帰したとはいえ館山の調子がイマイチ。左打者に打たれ過ぎなのが気になる・・・。

 ( 来週末に対戦する日本ハムのスコアラーらしき人を見かけました。大丈夫? )

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

519jinguu007    「チッチキチー!」

  「パナマウンガー!!」

 「ボク、ツバクロー???」

試合前にはプロ野球界を代表する(?)

パフォーマー達が何やら密談中★(笑)

  楽しいパフォーマンスもいいけれど、チャンスで仕事してくれ! ラミちゃん…(涙)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   そういえば 【F-Project blog】 で募集していた 【花田のニックネーム】 

 今日の登板の時には、某掲示板で使われている 【花魔神】 と呼ばれていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

東京ヤクルトスワローズ成分解析

最近、色々なブログで 成分解析 が話題になり、流行っているようですが、

 【東京ヤクルトスワローズ成分解析】 を作ってみました。

      東京ヤクルトスワローズ成分解析  ← クリック

  ※ 内容は普通に選手名が中心だし、なんとなくで作っただけなので、

              あまり面白くはないと思うので、その辺はご容赦を・・・ (笑)

        ( たまに選手名以外の結果もありますが、気にしないでください。 ( ^-^ ; )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

映画 「LIMIT OF LOVE 海猿」

映画 「LIMIT OF LOVE 海猿」 (羽住英一郎 監督) を見ました。

  Umizaru001_1  Umizaru002

=============== ◆◇◆◇◆ 【キャスト】 ◆◇◆◇◆ ===============

   伊藤英明 加藤あい 時任三郎 佐藤隆太 大塚寧々 吹越満

   石黒賢 美木良介 津田寛治 光石研 浅見れいな 荒川良々 他

==========================================================

以前、連続ドラマ終了後の時にも書いたけど、「海猿」は大好きな作品

佐藤秀峰の原作マンガは読んでいませんが、第1作目も映画館で見ているし、

もちろん連続ドラマの方も毎週楽しみに見ていたぐらいに思い入れが強い作品。

期待して見に行った 今回の完結編(予定)となる映画も純粋に良かったです。

探せば粗は目立つし、御都合主義的な展開が多いと言われるかもしれないけど、

“絶望” より “希望” が見たいのです。「海猿」は人間ドラマであり基本的に娯楽作。

奇をてらわないド真ん中直球の王道のストーリーで十分。それが心地良いのです。

ハリウッドの陳腐な大作映画なんかより、「海猿」の方がよっぽどマトモだと思います。

フジテレビの映画宣伝のCMで笠井信輔アナウンサーが興奮して語っているように

「エェーン」と泣いてみたくはならなかったけど(笑)、涙腺はかなり刺激されたかな。

今まで「海猿」を全く見たことがない人でも、普通に見易い映画に仕上がっていました。

  映画 「LIMIT OF LOVE 海猿」 【評価】 ★★★★ <4> (五つ星満点)

 それにしても連続ドラマの時は平均視聴率が12%ぐらいでパッとしなかったのに、

 今回の劇場版は驚異的な大ヒットになっていますね。フジテレビや東宝関係者は

 気を良くして続編の色気を見せているようですが、もうこれで完結で良いのでは?

個人的には最初の微妙な出逢いからずっと大輔と環菜の恋愛部分が好きなので、

 DVDの特典映像として2人の結婚式のシーンを追加してくれたら嬉しいけど。(笑)

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

     海猿 プレミアムDVD-BOX          海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

    海猿 プレミアムDVD-BOX   海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

     LIMIT OF LOVE 海猿            プロジェクト海猿―「海猿」に懸けた男たち   

 LIMIT OF LOVE 海猿(ノベライズ)  プロジェクト海猿―「海猿」に懸けた男たち

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

   連続ドラマの時の主題歌 「OCEAN」(B’z) がお気に入りでしたが、

   今回の映画の主題歌になった伊藤由奈の新曲も作品にピッタリです。

           伊藤 由奈 「Precious」

     先日、彼女がラジオ番組にゲスト出演をした時に語っていた話ですが、

  映画のEDITを見て色々と感じて、もう1度レコーディングをやり直したらしいです。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2006年5月 9日 (火)

ラロッカ 大爆発!【交流戦開幕】

2006年の 『日本生命 セ・パ交流戦』 が開幕!

● 第1回戦 ●  観客 : 12714人  試合時間 : 3時間14

【 東京ヤクルトスワローズ  10-8 西武ライオンズ】 ( 神宮 )

510jinguu001[勝利投手] 石井一 6試合 2勝3敗

[敗戦投手] グラマン 7試合 3勝3敗

[セーブ投手] 石井弘 7試合 4S

[本塁打] ラロッカ 8号2ラン(グラマン)

   9号ソロ(グラマン) 10号3ラン(許)

青木 2号満塁(グラマン) 細川 2号2ラン(石井一) 片岡 1号3ラン(松井)

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

   【ラロッカ】 3打席連続ホームラン!!!

510jinguu002 510jinguu003

  愛する家族の目の前で6打点の大爆発! 頼りになります☆

       ( 4打席目のセンターライナーも鋭い打球で惜しかったなぁ~。 )

       ラロッカの入団が決まった時からずっと思っていることだけど・・・

   夏場が来ないと全開モードにならないチッチキチーな方より4番打者の適任かと。

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

510jinguu004    【青木 宣親】 野球人生初

        満塁ホームラン!!

    出塁率はそんなに悪くはないので、

去年のように交流戦で打撃の調子を上げて欲しい。

====================== ★☆★☆★☆★ =====================

  あまり愚痴りたくはないけど・・・ いったい何点入れれば楽に勝てるのでしょうか?

  投球スタイルは変身したとはいえ、一久の突然の乱調は相変わらず・・・ (溜息)

カブレラ・和田・中村から三者連続三振を奪うぐらいに良い感じの立ち上がりから一転、

味方に6点も先制してもらった直後の先頭打者を四球で歩かせて次の打者にHR・・・

     それでも再び点を取ってくれたのに、またもやあっという間に失点・・・・・・

   古田PMはいつも庇うけど、アンラッキーで片付けられる内容ではありません!

先日の巨人戦では緊急登板で好投してくれた松井までもが一久と同じように失点・・・

  その後で投げた 木田・吉川・弘寿 もピンチの連続でヒヤヒヤして胃が痛くて・・・

  でも、良く抑えてくれました。 今は↑の3人が勝ちパターンの継投としては一番!

510jinguu005 そんな中でも特に頑張ってくれていると思うのが、

   ★ ゴーグルマン ★ 【吉川 昌宏】

 去年もチーム一の登板数で活躍してくれたけど、

大事な場面から敗戦処理まで…  頭が下がります。

====================== ◆◇◆◇◆◇◆ =====================

先発・グラマンの大乱調で敗れたとはいえ、随所に西武ライオンズらしさがありました。

普通のセンターフライで青木のスキをついてタッチアップして二塁を陥れたG.G.佐藤。

 毎度おなじみのラミレスの緩慢な守備(呆)を見てヒットをツーベースにしたカブレラ。

 それ以外の場面でも、どの選手にも常に次の塁を奪ってやろうという姿勢が見えて、

   さすがにパ・リーグの首位チームだと感じました。やっぱり手強い相手だ・・・

510jinguu006            最近の試合ではスワローズも

        積極的に盗塁を試みてはいるけど、

 こういうイヤラシイ走塁をもっと見習って欲しい。

       外野の守備も気を引き締めなきゃ!

 ↑ 新庄よりも、G.G.佐藤のようなオールドスタイル(ストッキング)に好感。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    3連戦の初戦を勝利しながら連敗してしまうのが最近のパターン。

 去年の交流戦の前半のように白星を積み重ねてくれることを願っています。

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2006年5月 1日 (月)

二遊間だらけ

スワローズの最初の1ヶ月の成績は借金「5」・・・

  ★ 腰痛を発症したユウイチに代わって梶本が1軍へ昇格 ★

 梶本は特に応援している若手の1人 なので1軍昇格は嬉しいけど・・・

   ↑ ( 祝 ☆ プロ初ヒット ☆ おめでとう! ) ← 5/4(木)

 ラロッカ、宮本、城石、土橋、田中浩、三木、梶本 ・・・・・・

こんなに大勢のセカンドとショートを守る選手が本当に必要なのだろうか?

  選手会長もドバさんも今季はほとんど出場機会がない現状なのに・・・

       チーム成績や試合内容も含めて全てがチグハグだ・・・

 ( “Kaz” と “高井クン” は、もっとスローイングの練習に励んでください… あまりにも酷い。)

| | コメント (6) | トラックバック (3)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »