« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の記事

2006年6月29日 (木)

_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

・・・ ウーン ・・・・・・ なんかね ・・・・・・・・・ 悪い夢を見ているのかな? ・・・・・・・・・・・

          マウンドに膝をついてガックリとうなだれる木田

                       青木が空振り三振でゲームセット

・・・ なんかさぁ ・・・・・・ 先週の火曜日も同じ光景を見たような気がする ・・・・・・・・・

     まさか… よりによって英智に4年ぶりのホームランを打たれるなんて …… まさか ……… orz

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

● 第7回戦 ●  観客 : 13842人  試合時間 : 4時間27

【 東京ヤクルトスワローズ  -6 中日ドラゴンズ 】 ( 神宮 )

              < 延長11回 >

629jinguu001 629jinguu002  629jinguu003

    [ 勝利投手 ]  岩瀬 27試合 1勝2敗20S

    [ 敗戦投手 ]  木田 32試合 2勝3敗4S

    [ セーブ投手 ]  鈴木 17試合 1S

 [ 本塁打 ] 井上 1号2ラン (ガトームソン)  岩村 11号ソロ (小笠原)

          米野 4号ソロ (小笠原)  英智 1号2ラン (木田)

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

         ↓ あんな場面や   こんな場面 ↓  歓喜の瞬間もあったけれど・・・

629jinguu004  629jinguu005

     結局は ・・・  「 打てネぇぇぇーーー!!! 」

        ・・・ 今日はそんな試合でした。 全体的に活気がなかった。

『 の~ぉってくれぇ~ Ha~Ha 』 の方はようやく 『 ロックンロールナイト Ha~Ha 』

という感じになってきたけど、最近は3兄弟と青木の調子が下降気味なもので・・・

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

今日はそれよりも何よりも声を大にして言いたいことがある。

         「 三木に対して怒っています! 呆れています!! 」

 同点の9回裏1死の場面で四球で出塁した城石に代わって代走で出場した三木。

   次打者の代打・志田が打った当たりは高く “ ワンバウンド ” してサードへ。

 志田が俊足を飛ばして1塁へ滑り込む! 内野安打で1死1・2塁のチャンス!!

・・・ と思った瞬間 ・・・ ナント!!! 三木が慌てて1塁へ逆走 ・・・ ( ゜д゜) ポカーン

 どうやら “ サードフライ ” と勘違いした様子 ・・・ 「 ナニヤッテンダヨ! 肇 ・・・ 」

  ミスを吊るし上げるのはあまり好きではないけど、↑このプレーはあり得ない。

単なるボーンヘッドでは済まされない。一気に神宮球場の空気が変わってしまった。

でも、そもそもこの場面では送りバントを決められなかった志田にも問題がある。

代打・福川が告げられる予定が、バントをさせる為にあえて起用した志田の代打。

最近の試合では三木や梶本が同じようにしっかりと送れなかったことがあった。

    打力で勝負するには苦しい小兵の選手がそれではハッキリ言って困る!

どんなに難しい状況でも数少ないチャンスを生かせなければ1軍には生き残れない。

今日の試合で活躍した相手の 英智、渡邉、井上、森野、1球でバント成功の川相。

  中日のいわゆるサブ的ポジションの選手達の集中力と技術を見習って欲しい。

629jinguu006    今日から神宮のグラウンドに ↓

    【 イケメン選手会長 】

      【 神宮のお祭り男 】

  ↑ ケガが癒えた2人が帰ってきました。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

 今回の中日3連戦は 『 アメリカンベースボール Night 』 で盛り上げ。

629jinguu007  629jinguu008  629jinguu009

629jinguu010  629jinguu011

629jinguu012  ← せっかく “ 木田画伯 ” が描いた

似顔絵が展示されていたのに… 残念。

  画伯は本業の方では失敗することもあるけど、

常に投げ込む1球1球に魂が込められているように

 感じられるので、たとえ痛恨の一打を打たれても

   「次また頑張れ!」 という気持ちにさせてくれる。

  ポーカーフェイスのクローザーやセットアッパーも

  カッコイイけど、感情を表に出す木田も大好きだ。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

 それにしても、福留を欠く中日に負け越したのは痛い。特に今日の1敗は・・・

明日からはハマスタ9連勝中と手強い横浜が相手。 【 首位とは7ゲーム差 】

決して簡単に追いつける差ではないけど、1戦1戦 強い気持ちで臨んで欲しい!

             『 Make it happen! 』

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年6月20日 (火)

2500万円を掴みかけたのに・・・

先週は身内で突然の不幸があって、色々と慌しい1週間になってしまいました。

自分の中では現実を受け止めたくないほど予期せぬショックな出来事だったし、

本当ならば 「野球だ!サッカーだ!」 なんて騒ぐような心境ではないのですが、

それでも・・・ 交流戦ラストの試合を見るために神宮球場へ足が向いていました。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

● 第6回戦 ●  観客 : 12811人  試合時間 : 3時間19

【 東京ヤクルトスワローズ  -4 北海道日本ハムファイターズ 】 ( 神宮 )

620jinguu001_1 [勝利投手] 岡島 21試合 1勝2敗1S

[敗戦投手] 木田 28試合 2勝2敗2S

[セーブ投手] MICHEAL 32試合 19S

[本塁打] 宮出 4号ソロ (橋本)

                                         セギノール 11号3ラン (木田)

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

18日の里崎、そして今日のセギノール・・・  2500万円のチャンスを目の前にして、

2度までも “交流戦優勝” の夢が白球と共に儚くレフトスタンドへと消えていく・・・

結局、スワローズの敗戦で同率優勝を逃すのであれば、今日の甲子園の試合は

結果的に阪神が負けてくれた方がセ・リーグの順位を考えると良かったわけで・・・

620jinguu002   雨天中止の振り替え分のラスト2試合は

  先週末のロッテとの激闘3連戦とは違って、

ダル、コバヒロ、直、俊介などの一線級投手を

KOした打線の勢いが影を潜めてしまいました。

 2年目のセ・パ交流戦のスワローズの最終成績は 【 22勝14敗 ★ 2位 】

借金「7」という最悪の状況でスタートした交流戦だったけど、ラストが3連敗とはいえ、

借金返済(貯金「1」)して、何とかセ・リーグの優勝争いに加われそうな所へ上昇↑↑

パ・リーグ6球団全てに負け越しなし(ロッテ&ソフトバンク&日本ハムとは3勝3敗)、

ガトームソンのノーヒットノーラン、「F-ブラザーズ」 の大活躍、戸田昇格組の奮闘、

劇的な試合内容が多く、スワローズにとっては楽しく充実した交流戦だったとは思う。

それでも、優勝のチャンスを逃したように肝心な場面での勝負弱さが目立ってもいた。

あと1本、あと1点、あの1球・・・ 本気で優勝を目指すのであればまだ物足りない!

大味な野球ではなく、一つのプレーを大事にする地に足をつけた野球をやって欲しい。

金曜日からは通常のペナントが再開。阪神戦・中日戦と続く最初の6試合が重要だ。

今年の夏は熱い戦いが見たい! そして秋にはこの悔しさを絶対に晴らしたい!

                     『  Make it happen! 』

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

620jinguu003 620jinguu004

   プロ初勝利をあげた前回以上の内容で好投した 【 丸山 貴史 】

  もっと長いイニングを投げさせてみたいし、先発ローテの定着を期待 ★

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

620jinguu005 ( ← 同点の7回表2死3塁 代打・小田の場面で

  マウンドの館山の所へ自ら向かった古田PM )

監督として勝負への執念を見せてくれたのですが、

選手としてもう少し出番が増えないものでしょうか?

 畠山、志田、梶本より代打の優先度が上でも…

例えば今日の試合・・・  試合途中からロッテの劣勢が球場でも伝えられていました。

8回裏に福川が2打席連続見逃し三振を喫した後の9回にマスクを被って欲しかった。

ロッテの敗戦が伝わって球場中が 「絶対に勝つぞ!」 という空気になった9回裏・・・

1死1塁の場面で 『代打 オレ』 を告げて欲しかった。若手育成の方針はわかります。

それでもココぞという大事な試合や場面では球場の雰囲気を最高に盛り上げてくれる

古田選手の登場シーンが見たい。結果はどうであろうと、その方が納得がいきます。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

620jinguu006

  残念ながら逆転HRを打たれた木田。

 球場では罵声を浴びせる人がいたけれど、

  個人的には責める気には全くなりません。

    苦しいリリーフ投手陣の状況の中・・・

“交流戦 陰のMVP” と呼べるほどに頑張ってくれたのは間違いなく木田です。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

ファンクラブ会員は1000円で内野席で観戦が出来たので夢中で撮影に没頭。

620jinguu007 620jinguu008

  ↓ 【 大原秉秀 & 梶本勇介 】 輝いています☆ 負けるな!三木 (笑)

620jinguu009 620jinguu010

↓ 笑顔が眩しい☆ 【 SHINJO 】 今度はオールスターで神宮に再登場?

620jinguu011 620jinguu012

620jinguu013 620jinguu014

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

お気楽ジーコと共に沈没↓↓

【 2006 FIFAワールドカップ 】  < F 組 >

オーストラリア  オーストラリア 3 - 1 日本  日 本

酷い・・・ あまりにも酷すぎる・・・・・・ 防戦一方・・・ 10分間で3失点・・・・・・

オージーとの体格の不利はわかりきっていたことだけど、想像以上に厚い壁だった。

しかし、それより何より 【迷将・ジーコ】 と 【名将・ ヒディング】 の差が歴然・・・

  ワールドカップという大舞台でもいつもと変わることがない 

 選手交代のタイミングとセンスの悪さはある意味で天才的だ。

どんなスポーツでも情報戦な今の時代に練習をオープンにする余裕があるのかよ・・・

  高原と柳沢のフォワードとしての歯痒さ、無駄な動きばかりの三都主の左サイド、

    守備面の綻びも含めて、ジーコJAPANのマイナスの部分は相変わらず・・・

 駒野の出来も悪かったなぁ・・・ 守備だけでなくクロスの精度があまりにも低い・・・

      あまりキラメキを感じない加地よりも、期待が大きかったのに残念。

一番痛かったのは坪井の負傷退場だったのかも。坪井を良いとは思っていないけど、

まさか緊急招集された茂庭がワールドカップのピッチに初戦から立つ事になるとは・・・

    茂庭を責める気はないけど、どうしても田中誠が健在ならばと思ってしまう。

  それにしても、失点する前までの能活の神懸り的な好セーブの連発には痺れた。

 それだけに、同点ゴールの場面の飛び出しが残念だった。悪い癖なんだよなぁ・・・

 個人的には能活以外に及第点を与えられる選手は福西と中澤ぐらいだったかな?

良い部分を探そうと思っても見当たらない・・・ それぐらい最悪の試合をしてしまった。

  他国の試合と比較すると、改めて日本サッカーの魅力の乏しさを痛感する・・・

ハッキリ言って1次リーグ突破は絶望的だが、次のクロアチア戦で奮起してくれ!

   愚痴ばかり書き綴っているけど、熱く応援はしているのだから!!!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年6月 2日 (金)

祝 ☆月間MVP☆ リグス 劇的サヨナラホームラン!

猫 リグス! 猫 リグス!! 昇燕拳!!!

    ラッセーラー ラッセーラー!

          ラッセーラー ラッセーラー!!

602jinguu001_1      ウぅーッ

    ポーツマス!

    ポーツマス!!

  「 ニャーーッ!!! 」

602jinguu002_1  602jinguu003

   ニュージャージーの核弾頭  【 アダム リグス 】 

  祝 ☆ 月間MVP ☆  ( 5月度 セ・リーグ 野手部門 ) 

602jinguu004   そして ・・・

       延長10回裏

    劇的サヨナラ

   3ランホームラン!

 【 史上最強の2番打者 】

602jinguu005 602jinguu006_1  602jinguu007

602jinguu008  もう1人忘れてはいけない ・・・

  若き大砲 【 岩村 明憲 】

     9回裏 起死回生

   同点2ランホームラン!

       「  ガンちゃん、ナイスバッティング!! 」

 最近の不甲斐無いプレーぶりに苦言を呈そうかと思っていたけど止めました。(笑)

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

● 第4回戦 ●  観客 : 13217人  試合時間 : 3時間55

【 東京ヤクルトスワローズ  10×-7 オリックス・バファローズ 】

              < 延長10回 サヨナラ >   ( 神宮 )

602jinguu009 [勝利投手] 木田 22試合 1勝1敗1S

[敗戦投手] 香月 5試合 0勝1敗

[本塁打] 水口 2号2ラン (藤井)

       ラミレス 9号ソロ (川越)

相川 1号2ラン(藤井)  岩村 7号2ラン(大久保)  リグス 15号3ラン(山本)

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

602jinguu010  更にもう1人忘れてはいけない ・・・

  【 古田 敦也 プレマネ 】

        今季初の猛打賞!  

「 ナイスバント ニャ~ッ!! 」

602jinguu011 602jinguu012  602jinguu013

おまけにもう1人 ・・・ 【 木田 優夫 】 祝 ★ 5年ぶりの日本球界での白星 ★

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

602jinguu014         それにしても ・・・

  7点全てが防げていたような気がするほど、

 ヨロシクナイ内容で失点を重ねていたけれど、

  気分が良いので今日のところは許す!(爆)

( ↑試合前、千葉からの遠征帰りのつば九郎のバズーカーが不発で暗雲漂うが… )

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

ちなみに本日は、パイロットに憧れていたという 【 石川雅規 Day 】 でした。

602jinguu015 602jinguu016

明日のデーゲームは 【 藤井秀悟 Day 】   登板日と上手く噛み合わない・・・ (苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »