« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の記事

2007年4月26日 (木)

球際の弱さ

「ツキがなかった…。」 で済ませて良い試合なのだろうか?

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 阪神 3 - 1 ヤクルト 】 ( 甲子園 )

今のスワローズは何をやっても上手くいかない。 スタメンを再び大幅変更。

先発野手全員安打をマークしながら、14残塁の拙攻で1点しか奪えず・・・。

シーツや鳥谷など、相手のファインプレーに何度も阻まれて得点機を逃す。

確かに今日はツキがなかった。でも、その一言で片付けて良いのだろうか?

阪神の好守とは対照的に目立ったのが、スワローズの記録に表れないミス。

ラミレスのジャッグル、畠山のバント処理、福川とグライシンガーの犠打失敗。

明らかなエラーに加えて、細かいミスの連続で自らの首を絞めることが多い。

 今季は “ 球際の弱さ ” がチームの勝敗に直結してしまっている。

選手達は一生懸命プレーしています。そんな事は当たり前だし、わかっている。

それでも、全体的にピリッとしたものが足りない。集中力が欠如していると思う。

士気が上がらないこんな時だからこそ、一つ一つのプレーを大切にして欲しい。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

     【 ガイエル 】 ±0 【 宮本 】 ±0 【 青木 】 +1 【 ラミレス 】 ±0

        【 畠山 】 ±0 【 度会 】 +1 【 城石 】 +1 【 福川 】 ±0

         【 グライシンガー 】 +2 【 館山 】 +1 【 宮出 】 ±0

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

いい加減にしろよ!

全く・・・ 凸(`Д´メ) NOVAのCMのタケちゃんばりに怒鳴りたい心境。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 阪神 7 - 2 ヤクルト 】 ( 甲子園 )

石井一久の背信投球はもう見飽きた。味方の戦意を喪失させる立ち上がり。

 暴投を繰り返す。スローイングは全然ダメ。送りバントも満足に出来ない。

今年に限らず、今までに何度こんな光景を見てきたか・・・ もうウンザリだよ。

基本的に選手を強く責めない古田プレマネだけど、特に一久には甘すぎる!

福川の守備もいただけない。やはり、正捕手の役割は相当キツイのだろう。

普段は笑顔が多い福川の表情が疲れきっている。最近は持ち味の打撃まで

影響を及ぼしていて、外角のとんでもない糞ボールに空振りする姿が目立つ。

あと、花田が登板する度に失点するのも気になる。リフレッシュが必要では?

打線に関しては打順云々よりも、根本的にどうしようもない。覇気を感じない。

こんな試合を続けていると他球団なら、打撃&投手コーチの配置転換の話が

噴出してくる事態になりかねない。甘いスワローズではあり得ないだろうけど。

例え負けるにしてもハラハラドキドキ、もっと心が躍るような試合を見せてくれ!

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 )

【 飯原 】 -1 【 宮本 】 -1 【 青木 】 ±0 【 ラミレス 】 ±0 【 ガイエル 】 ±0

      【 畠山 】 +2 【 福川 】 -2 【 田中浩 】 ±0 【 石井一 】 -5

   【 花田 】 -1 【 吉川 】 +1 【 武内 】 ±0 【 城石 】 ±0 【 宮出 】 ±0

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

  「 ハタケ! ナイスバッティング! ナイスホームラン! 」 

畠山の思い切りが良いスイングと、久々の一軍登板の吉川だけが救いだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

害エル

あまり多くを語りたくないので 竹原慎二のブログ 風に綴ります。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 阪神 2× <9回サヨナラ> 1 ヤクルト 】 ( 甲子園 )

ガイエルについてはノーコメントにさせてもらうわ

高津は雨の中で気の毒じゃ 

石川の足は大丈夫かのう

今日は良くがんばってくれてたわ

今季のスワローズとカープは

まじやばじゃ

・・・・・・・・・・・・

もう疲れたから寝るとするわ

じゃあの。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

       【 飯原 】 +1 【 宮本 】 -1 【 青木 】 -1 【 ラミレス 】 +1

 【 ガイエル 】 -3 【 福川 】 ±0 【 武内 】 -1 【 田中浩 】 +1 【 石川 】 +3

   【 木田 】 +1 【 館山 】 +1 【 高津 】 -2 【 真中 】 ±0 【 志田 】 ±0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

待望の新打線

  新打線が繋がっての逆転勝利! 今季一番嬉しい♪

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 10 - 6 中日 】 ( 神宮 )

20070422001   こういう打線を待っていました。

キャンプ前にオーダー予想を書いた時、

希望として書いたのが、まさに今夜の↓

【 1番 飯原 2番 宮本 3番 青木 】

リグスの残念な故障による帰国によって

    苦肉の策で誕生した新打線。

  ベンチにとっては勇気がいる決断で、

 いきなり機能したことは意味が大きい。

1~4番がマルチヒットでラミは4番の仕事も果たし、ガイエルは待望の来日初HR。

結果は残せなかったけど、武内の登録即スタメンも良い。今後も是非チャンスを。

真中や度会のベテラン代打陣も鮮やかな仕事ぶりで、久々に気分が良かった!

   3回表に増渕のピンチを救った慎也のスーパーファインプレーを見た時・・・

結果論で言う訳ではなく、何だか今夜は逆転してくれそうな予感がしていました。

 浩康も良い守備を見せてくれていたし、攻守に活気が溢れている感じがした。

まだ完全ではないけど、この新しく生まれた勢いを次の甲子園に持ち込みたい。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

増渕は前回と同じように先頭打者に与えた死球から動揺して崩れていった感じ。

 素晴らしいボールもあるけど、それ以上に明らかなボール球が目立っていた。

かなりバランスを崩して投げていたので、下半身の安定感がもう少し欲しいかな。

それでも味方の好守に救われながら5回は投げたし、負けが消えたことも大きい。

もう一度、来週の巨人戦で先発のチャンスを与えてあげて欲しいし、見てみたい。

( 4月23日(月) 結局、登録抹消されちゃいました。 決断が早過ぎるような気がするけど…。 )

中継ぎ陣はもう少しピリッとしてくれないと… 点差があっても不用意な一発は…。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

       【 飯原 】 +3 【 宮本 】 +2 【 青木 】 +2 【 ラミレス 】 +4

 【 ガイエル 】 +2 【 福川 】 +2 【 武内 】 ±0 【 田中浩 】 +1 【 増渕 】 -1

       【 遠藤 】 +1 【 木田 】 -1 【 館山 】 -1 【 高津 】 +1

            【 真中 】 +1 【 度会 】 +1 【 志田 】 ±0

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月21日 (土)

信頼関係

  本当はこれ以上ネガティブな話を書きたくないのに・・・

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 7 - 16 中日 】 ( 神宮 )

      投手陣が頑張れば、野手陣からの援護がない。

  たまに野手陣が元気だと、今度は投手陣が壊滅状態・・・。

 こんなことを続けていると、お互いの信頼関係はガタガタだ。

   9点ビハインドで館山を投入するぐらいなら、なんで・・・

 高井をあそこまで引っ張り続けるのでしょうか? 昭光さん?

 とりあえず、花田・遠藤・高井は戸田組と入れ替えるべきだ。

  起用場面に気の毒な部分はあるが、開幕から内容が悪い。

 藤井も先週とは別人。 弱々しい秀悟くんが顔を覗かせて・・・。

 初回から大量失点を繰り返してたいら、現状は勝ち目がない。

 まずは、野手陣と投手陣の信頼関係を再び構築することから。

 慎也キャプテンが、一昨日の試合後に選手達を前に飛ばした

 「必死さが足りない」というゲキを肝に銘じて、奮起を望みたい。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 )

      【 青木 】 +3 【 飯原 】 +2 【 ガイエル 】 ±0 【 ラミレス 】 +1

 【 リグス 】 +1 【 宮本 】 +3 【 田中浩 】 -1 【 福川 】 -1 【 藤井 】 -5

  【 花田 】 -1 【 高井 】 -4 【 遠藤 】 -2 【 館山 】 -1 【 松井 】 ±0

        【 真中 】 ±0 【 宮出 】 ±0 【 志田 】 ±0 【 米野 】 ±0

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

  ラミちゃん 来日通算1000本安打 オメデトウ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

抜群の制球力!グライシンガー 来日初完封勝利

 29 【 セス グライシンガー 】

     ★ 中日にリベンジ! 来日初完封勝利 ★

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 1 - 0 中日 】 ( 神宮 )

20070420009

 打線は苦手・朝倉をまたもや攻略できず、相変わらず酷い状態ですが…

今季チーム初完投となるグライシンガーの好投のおかげで救われました。

 監督も思わず最敬礼で出迎える程の最高のピッチング!

   チェンジアップを効果的に使いながら、抜群の制球力で、

 巧みに打者の打ち気を逸らしていく。 投球テンポも素晴らしい。

これで開幕から4試合28イニング連続無四球ピッチングを継続。

 立派の一言に尽きます。3ボールになっても崩れない安定感。

不安定な速球派より、コントロール勝負の投手に惹かれるので、

  自分の中では、かなりお気に入りの投手になっています。

今日は序盤に再三再四のファインプレーで魅せた 田中浩康

 バッティングの内容は満塁での併殺打など褒められたものではありませんが、

   守備でグライシンガーを助けました。何とか調子を取り戻してもらって、

     セカンドレギュラーの座をしっかりと掴みなおして欲しいものです。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

           

 昨日の事は早く忘れて、笑顔の古田プレマネを多く見たい!

        

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

     【 青木 】 -1 【 飯原 】 -1 【 ガイエル 】 -1 【 ラミレス 】 +3

      【 リグス 】 +1 【 宮本 】 ±0 【 田中浩 】 +1 【 福川 】 +1

              【 グライシンガー 】 +5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

悪夢の2000試合

☆ 古田 敦也 ☆ プロ通算2000試合出場ゲームは台無し・・・

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 1 - 14 横浜 】 ( 神宮 )

20070419001    色々な意味で酷い試合でした。

  まずは古田プレマネ退場劇の話。

   そもそも、横浜の先発・加藤が、

  スワローズの外国人トリオ全員に

  デッドボールをぶつけていたこと。

 そして、大差の場面での横浜の盗塁。

 おまけに、最悪の試合内容にイライラ。

だからといって、遠藤が内川に投じた明らかに故意に見える死球は問題!

確かにメジャーでは大差の場面での盗塁は非難されて、報復されることがある。

   日本でもいわゆる “暗黙の了解” ということでタブー視されている。

あくまで個人的意見ではあるが、自分は暗黙の了解というものは納得できない。

    何点差だろうと先の塁を奪おうとするプレーの何が悪いのか?

数年前の藤井の涙事件は何だったのか? 今回はあの時の讀賣と同じ立場だ。

 その後の村田への死球は危険球ではないし、退場になった暴言についても、

どの辺が暴言になるのか全く理解できない。 横浜ベンチの態度も気分が悪い。

でも、内川への遠藤の投球は後味が良いものではなく退場でも文句は言えない。

 自らの記念試合で冷静さを欠いてしまった古田プレマネの姿はとても残念だ。

そして遠藤も… 野蛮な中日スタイルの野球をスワローズに持ち込まないでくれ!

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

退場劇の件より腹が立つのは、この最低試合の元凶を作った石井一久。

毎度毎度の立ち上がりの内容の酷さは、もうほとんどビョーキですな。。。

挙句の果てに、一久の乱調が野手に乗り移ったのか珍プレーのオンパレードで、

呆れて物も言えない。こういう時にアピールする若手もなく、現状のスワローズは

孤軍奮闘の青木のレベルに周りがついていけない感じがして、寂しくなってくる。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

もう1つどうしても腑に落ちない話はリグスの処遇。 どうしてこの期に及んでまで、

 帰国したがっているケガの選手を変わらず5番ファーストで使い続けますかね。

 最近のリグスの一連の新聞報道や、フロントやコーチ陣の談話を聞いていると、

不協和音というか不穏な空気を感じますが、この話は長くなるので別の機会に。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

      【 青木 】 +2 【 飯原 】 -1 【 ガイエル 】 +1 【 ラミレス 】 -1

 【 リグス 】 -2 【 宮本 】 -1 【 梶本 】 -2 【 古田 】 -3 【 石井一 】 -5

        【 松井 】 +1 【 遠藤 】 -3 【 高井 】 +1 【 花田 】 -2

        【 真中 】 ±0 【 畠山 】 ±0 【 宮出 】 -1 【 志田 】 ±0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

2007年3月リリース CD 【 私的ランキング 】

もう4月も後半になりますが、 3月の邦楽CDの私的ランキング を簡単に…。

  例によって 購入かレンタルでフルバージョンを聴いた曲のみ です。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

★☆★ 2007年3月リリース 【 SINGLE 】 ベスト20 ☆★☆

   1位 コブクロ 「 蕾 」

                 蕾

   2位 YUI 「 CHE.R.RY 」

                 CHE.R.RY

   3位 アンジェラ・アキ 「 サクラ色 」

                 サクラ色

上位3曲はどれも同じぐらい好きな曲で順位をつけるのが難しい。

2007年の年間ランキングでも、間違いなくベスト10に入るでしょう。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

   4位 レミオロメン 「 茜空 」

   5位 柴咲 コウ 「 ひと恋めぐり 」

   6位 星村 麻衣 「 桜日和 」

   7位 伊藤 由奈 「 I'm Here 」

   8位 BONNIE PINK

                      「 Anything For You 」

   9位 KREVA 「 アグレッシ部 」

  10位 ゆず 「 春風 」

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

     11位 DREAMS COME TRUE 「 大阪LOVER 」

    12位 中島 美嘉 「 素直なまま 」

    13位 tetsu 「 Can't stop believing 」

    14位 佐藤 竹善 「 FOUR WORLDS 」

    15位 TOKIO 「 ひかりのまち 」

    16位 BENNIE K 「 1001Nights 」

    17位 山田 優 「 EYES ON ME 」

    18位 倖田 來未 「 BUT 」

    19位 NEWS 「 星をめざして 」

    20位 宇浦 冴香 「 Sha la la -アヤカシNIGHT- 」

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

もう既に気分は4月~5月へという感じなので、3月のアルバムランキングは省略。

簡潔に書けば、ミスチルの「HOME」が1位。島谷ひとみの「PRIMA ROSA」が2位。

他… いきものがかりの1stアルバムや、伴都美子のカバーアルバムがイイ感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

プロの洗礼

  3被弾7失点・・・ 増渕がプロの厳しさを実感した試合。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 巨人 9 - 0 ヤクルト 】 ( 東京ドーム )

20070415001  楽天の田中よりも先にプロ1勝をあげると

  公言していた増渕が悔しいプロ初黒星を

 先に喫してしまいました。それも痛烈に・・・

豪華な讀賣打線の名前に飲み込まれたのか

立ち上がりからボールがかなり上ずっていた。

  強心臓のルーキーといえども、まだ18歳。 

   本当ならば阿部に2本目を喰らった時に

     交代してあげて欲しかったけど、

 「自分で乗り越えてみろ!」という監督やコーチの考えも理解できなくはない。

 それは増渕がプロとしてそれだけの資質を持つ投手だと思っているから・・・。

  たとえ飲み込まれていたとしても、打たれても、決して逃げてはいなかった。

その姿勢さえあればきっとリベンジできるでしょう。 大きく羽ばたけ!増渕

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

  福川が前日に活躍したとはいえ、捕手は前回と同じ米野にして欲しかった。

  そうでなければ、古田プレマネ自らがマスクを被って増渕を育てて欲しい。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

それにしても、ガイエルは謎だ・・・ どうしてあそこまでバットを振らないのか?

選球眼が良いといっても、好球を見逃す機会も多い。選んだ四死球の数は1位。

出塁率は悪くない。でも、助っ人外国人に求めているのはそういうことではない。

13試合で記録した打点は、テキサスヒットのタイムリーと押し出し四球の2打点。

下位で打っているならまだしも、クリーンナップの打者としてはあまりにも寂しい。

スタメンから外す気がないのなら、極端だけど9番を打たせてみたら面白いかも。

阪神が週末の試合でそうしたように投手を8番にして、青木の前に置いてみたい。

  もし、バレンタイン監督なら、それぐらい試してみそうな気がするけどなぁ~。

 現実的には左打者が続くことになるし、絶対に実現しない話かもしれないけど、

リグスの休養も含めて、大胆な打線のテコ入れを本気で検討しないとマズイです。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

      【 青木 】 +1 【 飯原 】 -1 【 ガイエル 】 -2 【 ラミレス 】 -1

  【 リグス 】 ±0 【 宮本 】 ±0 【 福川 】 -1 【 田中浩 】 -1 【 増渕 】 -4

        【 遠藤 】 +1 【 高井 】 +1 【 花田 】 ±0 【 松井 】 -1

        【 度会 】 ±0 【 畠山 】 ±0 【 宮出 】 +1 【 志田 】 ±0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

躍動感

 熱い気持ちが伝わる・・・ 藤井の気迫が素晴らしかった!

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 巨人 2 - 6 ヤクルト 】 ( 東京ドーム )

20070414001     マウンド上で躍動していた。

    こういう時の藤井は実に魅力的。

  年々、チームが讀賣アレルギーに

   なりつつあるという最悪の状況の中、

  魂を込めた投球でスワローズファンの

  モヤモヤを見事に晴らしてくれました。

    昨年までは好投が報われずに

見殺されることが多かったけど、今季は何故か藤井の登板の時は援護が多い。

時々顔をのぞかせる弱気の虫を封印して、今日のような強気で魅せてくれれば。

死球の影響を感じさせない青木の勇姿、好リード&プロ初猛打賞の福川。

 藤井の気迫が伝わったのか、多くの選手達からも工夫や闘志を感じました。

何といっても忘れてはいけない、先制3ラン&ダメ押しタイムリーの 飯原

門倉の投球を完全に読んで思い切り良く狙い打ったホームランは鮮やか!

 まだまだマイナスの面もあるけど、今はとにかく試合に出続けることが一番。

青木との1・2番コンビは新たなスワローズ野球の可能性の広がりを感じられる。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

    【 青木 】 +3 【 飯原 】 +4 【 ガイエル 】 +1 【 ラミレス 】 ±0

      【 リグス 】 -2 【 宮本 】 ±0 【 梶本 】 ±0 【 福川 】 +3

      【 藤井 】 +4 【 館山 】 -1 【 木田 】 ±0 【 志田 】 ±0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

同じ過ち

 今日の石川はあまりにもコントロールが悪過ぎる・・・

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 横浜 7 - 4 ヤクルト 】 ( 横浜 )

20070410001  打たれても与四球は少ない投手なのに、

     明らかなボール球が目立っていた。

 先週は満塁で金本にドカン。 今日も・・・

 ランナーをためて同じ4番の村田にドカン。

  吉村にも2発。 制球に苦しんだとはいえ、

慎重さを欠いた投球を繰り返すようでは困る。

しかも、味方が点を取った後に失点をするのは

  先発投手としては最悪だ。内容は大いに

 反省して欲しいけど、それでも試合後に・・・

「 このままだと上(一軍)で投げられない。 」

  まだ開幕したばかりで、そんな弱気なコメントを吐くなよ・・・。

      もっと強い気持ちを胸に頑張れ! カツオくん!!

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 )

  【 青木 】 +1 【 飯原 】 +1 【 ガイエル 】 +1 【 ラミレス 】 +2

  【 リグス 】 -1 【 宮本 】 ±0 【 田中浩 】 -1 【 福川 】 -1 【 石川 】 -5

  【 花田 】 +1 【 佐藤賢 】 ±0 【 真中 】 ±0 【 梶本 】 ±0 【 畠山 】 ±0

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

2007 【 桜 】 (5) 大横川

  地元 ・ 深川で開催中のイベント

      【 お江戸深川 さくらまつり 】 ( 4/15 迄 )

   門前仲町駅近くの【 大横川沿いの桜 】 が綺麗です。

20070405010

20070405007

20070405008

  さすがにもうほとんど “ 葉桜 ” になってしまいましたが、

    ライトアップされた夜桜なんかはとても綺麗でした。

20070405009_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007 【 桜 】 (4) 千鳥ヶ淵 靖国神社

  桜の名所といえば 【 千鳥ヶ淵 】 【 靖国神社 】

   かなり散ってしまっている先週の木曜日の桜の様子です。

20070405003

20070405002

20070405004

20070405005

20070405006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

貧打から一転

今季最多の18安打15得点で大勝! 極端すぎる・・・ w( ̄o ̄)w

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 15 - 5 広島 】  ( 神宮 )

開幕からの鬱憤が晴れる試合でした。 前日にもう少し打ってくれれば・・・(笑)

広島の先発・フェルナンデスのナックルボールを見事に狙い打ってくれました。

 フェルナンデスはオープン戦で楽天に足で掻き回されるのを見ていたので、

   絶不調でもスワローズ打線が攻略しやすい投手だと思っていました。

来週は最低でも4勝2敗で乗り切ってもらって、なんとか5割に到達したいところ。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 )

  【 青木 】 +4 【 飯原 】 +1 【 ガイエル 】 -1 【 ラミレス 】 +2

  【 リグス 】 +1 【 宮本 】 +3 【 田中浩 】 ±0 【 福川 】 +1 【 藤井 】 +2

  【 遠藤 】 +1 【 佐藤賢 】 -1 【 真中 】 +2 【 度会 】 +2 【 志田 】 ±0

  【 畠山 】 ±0 【 宮出 】 +1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

嗚呼、哀しき貧打線・・・

プロ初登板初先発で頑張った増渕を見殺し・・・

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 1 <延長11回> 6 広島 】 ( 神宮 )

20070407001  せっかく増渕がデビュー戦で

    好投してくれたのに・・・

  攻撃陣の貧打ぶりが酷すぎる。

   今季のスワローズにとって、

  増渕は特別な意味を持つ選手。

いつも以上に気合を入れて絶対に援護してあげなければいけない試合なのに…。

【 13三振 12残塁 】 一生懸命やっているのでしょうが、あまりにも情けない。

海の向こうのあの人や、大阪でプレーするあの外人の大活躍を目にしていると、

嬉しい反面、2人が抜けた穴の大きさを感じてしまい、何だか切なくなってくる…。

次こそは今回の分も合わせて大量援護してあげて欲しい。本当にお願いします。

★ 増渕竜義 ★ 7回 86球 被安打 4 奪三振 5 与四球 1 失点 1

 素晴らしい結果です。 度胸満点! 胸を張っていい堂々のピッチング!!

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 )

   【 青木 】 ±0 【 飯原 】 -1 【 ガイエル 】 ±0 【 ラミレス 】 +3

   【 リグス 】 -1 【 宮本 】 -1 【 田中浩 】 ±0 【 米野 】 +1 【 増渕 】 +4

   【 館山 】 +2 【 木田 】 +1 【 高井 】 -1 【 花田 】 -3

   【 真中 】 ±0 【 梶本 】 ±0 【 畠山 】 +1 【 宮出 】 +1 【 度会 】 ±0

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月 6日 (金)

A lot of Hit man

    連勝です! 5位浮上です!! (笑)

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

 観戦予定だった4日の試合が雨天中止だったので、今日が今季神宮初観戦♪

【 ヤクルト 2 - 0 広島 】 ( 神宮 )

青木が攻守に大活躍 ☆ 【 打率 .556 出塁率 .692 】 ←見事

 球場で見ていて無意識のうちに 「素晴らしい!」 と声が出てしまった。

   それぐらい全てのプレーに魅了される。 確実に進化しています。

 

  飯原が決めたバントヒットも鮮やか。 青木との1・2番コンビは面白い。

打順を組み替えてみたけど、相変わらず外国人クリーンナップが機能しません。

 青木以外は全体的に開幕からずっと元気がないのですが、今日は特に・・・

  ルーキー・青木高の変則的な構えの投球に幻惑されて打ちづらそうでした。

    ☆ グライシンガー ☆ 来日初勝利 ☆

      7回無失点のナイスピッチング!

 ボールが先行する割には四球は出さないという不思議なタイプの投手ですね。

 ゴンザレスが今季絶望なので、1年間フル回転の活躍を期待したいものです。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

ボークと守備妨害で両軍の監督が審判に抗議する場面が2度ありました。

 古田監督の抗議時間が意外と長かったので、何だか退屈そうな3人 ↓

 別の場面ではブラウン監督が抗議。 ベースを引き抜くかと思った…(笑)

  球審が2度も場内説明。 1度目の嶋田球審の話はわかりづらかった。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

   【 青木 】 +4 【 飯原 】 +1 【 ガイエル 】 ±0 【 ラミレス 】 ±0

   【 リグス 】 +1 【 宮本 】 ±0 【 田中浩 】 ±0 【 福川 】 +1

   【 グライシンガー 】 +4 【 木田 】 ±0 【 高津 】 +1 【 真中 】 +1

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

20070406014

20070406015

20070406016

20070406017

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

ヤっと1勝!

☆ 祝 ☆ スワローズ ☆ 2007年初勝利 ☆

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 4 - 1 阪神 】 ( 神宮 )

20070405001   内容的にはまだまだ苦しい・・・

それでもようやく勝ててホッとしました。

  一久の粘りの投球が大きい。

今季は有言実行。 期待できそうかな。

 飯原のプロ初HRは本当に嬉しい!

  初スタメンのチャンスを逃さずに、

 すぐ結果を出すところも素晴らしい。

 勝ったとはいえ拙攻続きでイライラしたけど、7回だけは鮮やかな攻撃でした。

  それにしても、得点圏に走者を置いた場面で、3・4番が全く打てません。

  青木の出塁率が凄いだけに勿体無い。 特にリグスは絶不調・・・心配だ。

今日の試合の決勝ホームランを打ってくれたのはラミレス。 でも、それより・・・

 チャンスでのヒット1本をお願いしたい。走者がいない時は打つのになぁ~。

まぁ、せっかく勝ったのに愚痴ばかりも何なので、素直に喜ぶことにしよう!(笑)

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 )

 【 青木 】 +2 【 田中浩 】 +1 【 リグス 】 -2 【 ラミレス 】 +2

 【 ガイエル 】 ±0 【 宮本 】 +1 【 飯原 】 +3 【 福川 】 +2 【 石井一 】 +4

 【 館山 】 +1 【 高津 】 +1 【 真中 】 ±0 【 志田 】 ±0 【 度会 】 ±0

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年4月 3日 (火)

22年ぶり

  スワローズ 開幕4連敗・・・  (ノ_-。)

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 3 - 4 阪神 】 ( 神宮 )

20070403001    チャンスは多くあったけど、

   どうしてもあと1点が届かない・・・。

     結果論で言うわけではなく、

 8回裏のガイエルの本塁憤死の場面は

    代走を起用して欲しかったです。

 ベンチには志田や飯原がいた訳だし・・・。

どっちにしてもアウトだったかもしれないけど、持ち駒は積極的に使って欲しい。

エラー連発で守備が散々だった宮出。今はベンチもファンも我慢するしかない。

休日返上の特打が実った浩康のように、努力と強い気持ちがあればきっと・・・。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

  【 青木 】 ±0 【 田中浩 】 +2 【 リグス 】 -1 【 ラミレス 】 -1

  【 ガイエル 】 +1 【 宮出 】 -1 【 宮本 】 ±0 【 福川 】 +1 【 石川 】 -2

  【 館山 】 +1 【 高井 】 ±0 【 木田 】 ±0 【 真中 】 +1 【 梶本 】 ±0 【 度会 】 ±0

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年4月 2日 (月)

2007 【 桜 】 (3) 木場公園 仙台堀川

【 木場公園 】

20070401001

  満開の桜と好天の日曜日。 花見客で賑わっていました。

20070401002

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 仙台堀川 】

20070401007

20070401003

20070401004

20070401005

20070401006

20070401008

20070401009

20070401010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007 【 桜 】 (2) 日本橋 さくら通り

東京駅八重洲口 → 日本橋タカシマヤ → 新大橋通り方面へ続く

  【 日本橋 さくら通り 】 の先週末の桜の様子です。

 20070330002_1  20070330003_1

去年も記事にしましたが、お気に入りの桜スポットの1つです。

20070330004

オフィス街の中のこの壮観な眺めを見るのが毎年の楽しみ。

20070330005

日本橋の橋の袂にある大きなソメイヨシノも好き。 見事です。

20070330006

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月 1日 (日)

開幕3連敗

エイプリルフールの嘘であって欲しいけど、これは現実・・・

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 中日 5 - 1 ヤクルト 】 ( ナゴヤドーム )

青木が孤軍奮闘で出塁してくれるのに、どうしてもホームへ返すことが出来ない。

 負けが続くので余計にそう感じるのだけれど、全体的に活気がなくて歯痒い。

去年もそう思った時期があったけど、外国人トリオが続く打線はどうなんでしょう?

ファームの試合では打線爆発で17点。少し1軍に分けて欲しいぐらいだ・・・ (笑)

火曜日から仕切り直し! 神宮球場でもう1度元気良く新たな開幕を迎えよう!!

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

◆ 採点 ◆ ( 10段階評価 +5 → -5 ) 

  【 青木 】 +2 【 田中浩 】 -2 【 リグス 】 -1 【 ラミレス 】 -1

  【 ガイエル 】 -1 【 宮出 】 ±0 【 宮本 】 ±0 【 福川 】 -1 【 藤井 】 -3

  【 花田 】 -1 【 館山 】 -1 【 佐藤賢 】 ±0 【 真中 】 +1 【 畠山 】 ±0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »