« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007年6月27日 (水)

イースタン観戦 in神宮

   神宮球場で行われたイースタンの試合を見て来ました。

   といっても、調整のために来ている1軍メンバーが中心。

     ここ数年・・・ なかなか戸田まで足を運べないので、

 本当は普段見られないような選手のプレーを多く見たかった。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

  そんな中で、今日一番のお目当てはもちろんこの選手 ↓

         17 【 川島 亮 】

1軍首脳陣の前で、昇格への最終テストと言われていたので

楽しみにしていたけど、少し心配になるぐらいの悪い出来…。

 相手投手の姜建銘にタイムリー三塁打を打たれてみたり、

(福川のパスボール臭いけど) 3球連続暴投で失点したり…。

本来の球威には程遠く、かなりコントロールに苦しんでいた。

 でも、投球内容よりも一番心配なのは張りなどの肩の状態。

  本人がブログで問題ないと書いていたのでホッとしました。

 焦らず肩の不安を完全に取り除いた時に戻ってきて欲しい。

20070627029

伊藤智コーチ以外は、まるで1軍の試合のような光景… (笑)

20070627028

 2度の送りバントは難なく成功。 ハッチの打撃センスは◎。

         41 【 高井 雄平 】

 2番手で調整登板も、2四球に暴投と相変わらず… (><)

         13 【 佐藤 賢 】

次に投げた弥太郎もそうだけど、下で投げている場合じゃ…。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

  8 【 武内 晋一 】  0 【 志田 宗大 】

 この仲良しコンビ(?)はベンチにいる時に積もる話が…?

  武内はライトスタンド中段へ豪快に放り込むホームラン!

小川監督、土橋コーチ、荒井コーチ、伊藤智コーチが出迎え。

        33 【 畠山 和洋 】

 武内と共に2軍では貫禄十分。何故1軍で結果が出ない?

         28 【 川本 良平 】

現在、ファームで一番輝いているのは間違いなくこの選手☆

   今日も打撃絶好調! 猛打賞で元気にアピール!!

最近はレフトを守る機会が多いけど、本職の捕手で見たい。

 今日は福川がお粗末なエラーと打撃で精彩を欠いていた。

  昨日出場の米野共々、うかうかしていられないぞぉ~!

       64 【 牧谷 宇佐美 】

   代打出場で決勝点となる勝ち越しタイムリー三塁打!

 9年目の今季は勝負の年。念願の初の1軍昇格はあるか?

        50 【 上田 剛史 】

  去年のセンバツ高校野球では斎藤佑樹からホームラン。

 

 バットやボールの片付けに大忙し。1年生は大変だねぇ~。

20070627027

高校時代から注目していたし、↑のHRも当然覚えています。

今日は代打で鮮やかなヒット! 将来が本当に楽しみな選手。

  

        59 【 水野 祐希 】

   上田に負けじと大忙し。2年生も大変だねぇ~。 (笑)

        67 【 大塚 淳 】

  上田と水野の次に大忙し。5年生も大変だねぇ~。 (爆)

北京五輪のプレ大会の日本代表メンバーに選ばれたので、

一緒に選ばれた村中と、色々経験して多く学んできて欲しい。

 

       38 【 衣川 篤史 】

ルーキーとはいえ妻子がいる26歳。1軍で勝負したいところ。

 

 39 【 梶本 勇介 】  40 【 大原 秉秀 】

        46 【 飯原 誉士 】

1軍からの調整出場。フル出場でタイムリーと犠飛の2打点!

  

         7 【 田中 浩康 】

      交流戦の打率が12球団で2位とは素晴らしい☆

    前日は久保からホームランを打つなど好調を維持。

        43 【 宮出 隆自 】

   打撃は×だけど、サードの守備を無難にこなしていた。

 リグスの復帰が近いらしいけど、宮出はどうなるんでしょう?

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

  

     85 【 飯田 哲也 コーチ 】

   久々に飯田さんのスワユニ姿が見られて感激です☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

獅子の逆襲

 惜敗・・・ 選手達は最後まで諦めずに頑張ったと思います。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 4  [ 延長10回 ]  6 西武 】 ( 神宮 )

20070620016

 中盤まで西武のルーキー・岸に手も足も出ない状態だったので、

  相手には申し訳ないけど、突然の負傷降板はラッキーでした。

  ただ、再三あったチャンスをモノに出来なかったのは残念・・・。

  良く同点に追いついたとは思うけど、やっぱり弱さを感じます。

  先発の館山はいつもと比べると調子が悪そうだったけど、

   それでも、粘って7回まで投げ抜くあたりはさすがです。

  本当は中継ぎ志望なのにもかかわらず頑張っているのに

 毎回報われませんが、今日は負けが消えたのが救いかな。

      頼みの吉川が打たれたのは少しショック・・・。

 呆然とするヨッシーの元へ一声かけに行く度会の姿が良い。

 最近は良い仕事をすることもある高井だけど、今日は・・・。

 本当は先発の機会を与えて大きく育てるべきだと思います。

  シコースキーはブルペンでもマウンドでも腕をブンブン!

  相変わらず落ち着きがなく、賑やかな選手です・・・ (笑)

 沈滞気味のチームにはこういう元気な選手が必要だと思う。

交流戦明けには先発での起用が検討されているようですが、

展開に関係なくどんな場面でも投げられるタフな投手なので、

 木田の代わりにセットアッパーで起用し続けて欲しいなぁ~。

 福ちゃん、バッティングもう少し何とかなりませんか? (泣)

  色々とキツイのはわかるけど、内容が悪すぎるよ・・・。

   負けたとはいえ、今日のガイエルは素晴らしかった!

     正直、3対0で負けるかなと思っていたので・・・

 まさかの同点弾に興奮したし、最後のHRにも元気を貰った。

  それ以前の打席も全部四死球で出塁と見事な仕事ぶり。

 恒例の真中神の笑顔☆ 1軍へ早く帰ってきてくれて嬉しい。

  今日は満塁の場面の代打で最悪のゲッツーだったけど、

 その後の珍しいファースト守備に驚き! 記憶にないかも?

   それまで守っていた宮出との身長差がスゴイ・・・ (笑)

  ベテランの年齢になりながらも、いつも笑顔を絶やさず

   チームのムードメーカー的存在でいてくれる度会。

  10回裏の気迫のヘッドスライディングには感激しました。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

 これからのプロ野球界を支えていくべき3人。 カッコイイ!

    これからもプロ野球界を支え続ける2人。 シブイ!

 毛髪診断士・慎也によるベンちゃんのヘアチェック★ (笑)

            

   【 Xbox 360 】 を手に嬉しそうな(?)城石選手会長。

     

   ベネズエラとカナダの国際会議・・・ いや、ただの談笑。

それにしても、カブレラは軽々と打球を運ぶよなぁ~。(溜息)

 試合前は笑顔で伊東監督と握手していた古田監督ですが、

   試合後はとても悔しそうに足早に引き上げていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

バッカナーレ

4月期の連続ドラマの中で、毎週楽しみにしている作品の一つ

     日本テレビ系 『 バンビ~ノ! 』

松本潤が演じる主人公・伴省吾が働く、物語の舞台となっている

  イタリアンレストランの外観として使用されている建物は・・・

六本木にはなく、去年放送のドラマ 「役者魂!」 の時にも書いた

   自宅から歩いて3分の距離にある例のビル がロケ地。

20070618001

  華やかな 【 バッカナーレ 】 の本当の姿です… (笑)

この場所を詳しく知り過ぎているだけに、毎週ドラマを見ていると、

六本木の街を走っているはずのマツジュンがココへ辿り着くのが

不思議で仕方がない・・・。おまけに、扉の向こうにあんな立派な

 レストランがあるなんて、全く想像が出来ません・・・ ( ^-^ ;

 かなり古ぼけた建物なので、ドラマの中で煌びやかな照明で

彩られているのを見ると、何だか逆に気の毒な気が… ヾ(°∇°*)

20070618002

  以前にも書いたように、ロケ地として多く使われてきましたが、

   今まで一度も撮影現場に遭遇したことはありませんでした。

  でも今回は、少し前に一度だけ目撃することが出来ました♪

  といっても、有名所の姿はなくエキストラの撮影でしたが・・・。

   自宅の近所とはいえ、最寄駅の方角とは逆なこともあって、

  普段の生活の中では頻繁に通らないので、なかなか難しい。

それにしても、いつも感じている疑問だけど何故ココなのだろう?

他の場所にも、こんな雰囲気の建物はありそうな気がするが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月11日 (月)

積極采配

 今年の楽天戦は二転三転・・・ 今日も壮絶な試合でした。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

    この特別な2ショットには報道陣もファンも殺到!

   2人の笑顔と会話の中身が物凄く気になる・・・ (笑)

 名将は「弱者が勝者になるのは大変や…」と仰いますが、

    いやいや、今年の楽天は本当に強くなっています。

 こっちの3ショットもスワローズファンにとっては特別なもの。

 池山コーチと橋上コーチが再びスワユニに袖を通す日は?

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 7 - 5 楽天 】 ( 神宮 )

20070611003

   色々な出来事が起こり、両チーム総力戦の死闘になり、

   両監督の采配の妙も楽しめた面白い試合になりました。

ノムさんに触発されたか、兼任の呪縛を解いて開き直ったのか、

とにかく今までになかった古田監督の積極采配が目立ちました。

 前日、打ち込まれた守護神に対してマウンドへ行き激励したり、

 チャンスの時にベンチ前へ出てきて次打者に直接耳打ちしたり、

  初回からエンドランや、4回に早くも代打策を仕掛けてみたり、

 ベンチでの様子を見ても、何かが変わった監督の姿があった。

 “ 選手・古田 ” を自ら抹消という重い決断・・・ 複雑な心境です。

 色々と思うところはありますが、今は胸の中にしまっておきます。

   ただ、一部スポーツ新聞の報道内容には憤りを覚えます。

  試合前の守備練習から背番号「27」が消えてしまいました・・・

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

 今日の試合のヒーローはこの人! 【 田中 浩康 】

  目の前で青木が敬遠されてプレッシャーがかかる場面で、

   本当に良く打ってくれました☆ 守備でも、送りバントも、

 難しい2番打者として日々成長していく姿がそこにあります。

ヒーローインタビューでは “タフ” という言葉を連呼した浩康。

   そんなアナタに 【 タフマン 】 の称号を与えます! (笑)

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

  今日は打線の気迫と粘りが伝わってきて、とても良かった。

8回裏の勝ち越し劇のキッカケを作ってくれたのは何といっても、

 ファールやカットなどで12球粘った末にヒットで出塁した飯原。

宮出の連日の青山撃ちや、ラミレスの効果的なタイムリー3塁打、

 ガイエルは犠飛で2打点という渋く4番としての最低限の仕事。

 絶不調モードに突入していた青木は2安打3四球で5度の出塁。

前日の2安打で再び上昇ムードになった感じが・・・ さすが宣親!

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

古傷のふくらはぎ痛を悪化させた慎也を心配していたので・・・

        

代打登場が嬉しくて、絶叫を続けてしまい喉が嗄れた… (^-^;

  ホームへ全力で生還する姿を見て、少しホッとしました。

    去年もこの時期に1軍でプレーしていた大原秉秀。

  期待の大型内野手なだけに、派手にアピールして欲しい。

 今日の勝利投手は吉川。 おじ様2人の劇場型リリーフより、

 安心して見ていられます☆ 画伯のポジションを任せたい…。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

20070611009

リック、山﨑武への連続死球で乱闘寸前の一触即発ムード。

でも、佐藤真&池山&橋上コーチの様子に緊迫感はなし…。

それにしても、騒動の張本人・遠藤のノーコンぶりには困る。

  古田監督が退場した横浜戦の時も彼の投球が引き金。

あの雰囲気の中で抑えた肝っ玉の太さには感心するけど…。

  その後、楽天の松本輝がタイミング悪く城石へ頭部死球。

 別に報復ではないけど、警告試合になっていたので即退場。

 城石はそのままプレーを続けていたけど、大丈夫だろうか?

   それ以前から、どうも腰の具合が悪そうだし心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月10日 (日)

2007年5月リリース CD 【 私的ランキング 】

  ( 購入/レンタル/DL etc フルバージョンを聴いたCDのみ対象 )

★☆★ 2007年5月リリース 【 SINGLE 】 ベスト40 ★☆★

 1位 aiko 「 シアワセ 」

                シアワセ

 2位 桑田 佳佑 「 明日晴れるかな 」

                  明日晴れるかな (通常盤)

 3位 Metis 「 Respect! 」

                Respect!

 4位 FUNKY MONKEY BABYS

              「 ちっぽけな勇気 」

                ちっぽけな勇気

 5位 柴咲 コウ 「 プリズム 」

                 プリズム

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

    6位 上木 彩矢 「 ミセカケのI Love You 」

    7位 GReeeeN 「 愛唄 」

    8位 川嶋 あい 「 君に・・・・・ 」

    9位 嵐 「 We can make it! 」

   10位 EXILE 「 SUMMER TIME LOVE 」

   11位 アンジェラ・アキ 「 孤独のカケラ 」

   12位 UVERworld 「 endscape 」

   13位 B’z 「 永遠の翼 」

   14位 レミオロメン 「 蛍 」

   15位 吉井 和哉 「 WINNER 」

   16位 郷 ひろみ 「 Boom Boom Boom 」

   17位 Base Ball Bear 「 ドラマチック 」

   18位 Aqua Timez 「 しおり 」

   19位 上戸 彩 「 涙の虹 」

   20位 森山 直太朗

        「 未来 ~風の強い午後に生まれたソネット~ 」

   21位 テゴマス 「 キッス ~帰り道のラブソング~ 」

   22位 加藤 ミリヤ 「 My Girl feat.COLOR 」

   23位 melody. 「 Love Story 」

   24位 V6 「 ジャスミン 」

   25位 Crystal Kay 「 あなたのそばで 」

   26位 ステファニー 「 君がいる限り 」

   27位 misono 「 ポチ 」

   28位 アンダーグラフ 「 また帰るから 」

   29位 abingdon boys school 「 HOWLING 」

   30位 AAA 「 唇からロマンチカ 」

   31位 くるり 「 JUBILEE 」

   32位 UA 「 黄金の緑 」

   33位 橘 慶太 「 FRIEND 」

   34位 トリオ・ザ・シャキーン 「 愛しのナポリタン 」

   35位 L'Arc~en~Ciel 「 SEVENTH HEAVEN 」

   36位 工藤 静香 「 月夜の雨に 」

   37位 やなわらばー 「 夢を見た 」

   38位 リア・ディゾン 「 恋しよう♪ 」

   39位 Foxxi misQ 「 Luxury ride feat.ZEEBRA 」

   40位 鬼束 ちひろ 「 everyhome 」

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

★☆★ 2007年5月リリース 【 ALBUM 】 ベスト5 ★☆★

 1位 mihimaru GT

      「 THE BEST of mihimaru GT 」

                THE BEST of mihimaru GT

    2位 BENNIE K 「 THE WORLD 」

    3位 Mr.Children 「 B-SIDE 」

    4位 竹内 まりや 「 Denim 」

    5位 BEAT CRUSADERS

             「 EPopMAKING ~Popとの遭遇~ 」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

ラミちゃんとヨネちゃん

交流戦初、そして久しぶりの連勝! 少し良い雰囲気になりつつある感じ。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 ヤクルト 5 - 3 オリックス 】 ( 神宮 )

20070601017

過去2年の交流戦で負けを喫していた吉井のおっちゃん相手に、

 2回に一挙5点を奪って逆転した攻撃は鮮やかなものでした。

  でも、3回以降は岸田・大久保・高木の前に出たランナーが、

慎也のヒット1本だけというのは淋しい。しかも牽制死だったし…。

そんな、追加点を奪えない嫌な空気を一掃したのはリリーフ3人。

    

       【 遠藤 ⇒ 木田 ⇒ 高津 】

 古田プレマネが開幕前に考えていた 勝利の方程式 はこの順番のはず。

 今日は7回から1イニングずつを3人それぞれが危なげなく抑えてくれました。

   いつもこんな調子で投げてくれると、かなり楽になってくると思うけど・・・。

 石井一久はダルそうで、あまり調子が良くない感じだったけど、

  2日スライドしての先発ということを考えると、頑張った方かな。

 無四球だったし、要所では気合を入れて三振を取っていたので。

   勝利の瞬間というのはやっぱり気分が良いものだね♪

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

今日のヒーローは逆転劇の立役者 【 ラミレス&米野 】

         「 オレの時代だ! 」

      「 ラミちゃん カッチカチぃ~☆ 」

       「 ヨネちゃんも カッチカチぃ~☆☆ 」

 本当に嬉しそうな米野の笑顔が印象的。 『 頑張れ!米野 』

  ラミレスはゴールデングラブ賞を狙っているらしい・・・(笑)

   

2人とも球場入りの時からファンに対して優しく接しています。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

20070601016

   小野公誠が1年1ヶ月ぶりに1軍へと帰って来ました。

    試合前は度会や宮出と一緒にファーストミットをはめて練習。

  捕手としてではなく、2軍で好調だった打撃を期待されての1軍昇格。

 代打登場の時は一際歓声が大きかったけど、もう一花咲かせて欲しい。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

   ガイエルはラロッカ&アレン&ディーバスコーチと密談?

   ラロッカぁ~ スワローズへ戻ってきてくれぇ~~ (涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »