映画・テレビ

2007年12月 5日 (水)

第58回 NHK紅白歌合戦

Kouhaku001_3

Kouhaku004_4

Kouhaku003_3

Kouhaku002_3

【 紅組 】   ※ 12/20(木) 曲目正式決定

aiko (6) 1年最後の日に、元気なaikoの姿を見られることが凄く嬉しい。

   「 シアワセ 」

あみん (2) 「待つわ」より、岡村孝子のソロ時代の名曲を聴きたい。

   「 待つわ ’07 」

香 (2) 今年はアップテンポな曲をパワフルに歌う絢香を見てみたい。

「 Peace loving people ~スペシャル・ピアノ・バージョン~

アンジェラ・アキ (2) 個人的に好きな「サクラ色」の熱唱を希望。

   「 サクラ色 」

石川 さゆり (30) 新曲「朝花」は、新しい雰囲気で凄く良い感じ。

   「 津軽海峡・冬景色 」

AKB48 (初) アキバ枠。 最近はハロプロ系以上の勢いを感じるかも。

   「 会いたかった 」

大塚 愛 (4) バラード系も好きだけど、「PEACH」で盛り上げて欲しい。

   「 CHU-LIP 」

川中 美幸 (20) 一昨年は紅組トップバッターも、昨年はトリの大役。

   「 金沢の雨 」

香西 かおり (15) 「秋田ポンポン節」はある意味では面白い曲。

   「 無言坂 」

倖田 來未 (3) 売れる前の方が、良い曲が多かったけどなぁ~。

   「 愛のうた 」

伍代 夏子 (14) 伍代夏子は出場で、藤あや子が落選・・・ 何故?

   「 舟 」

小林 幸子 (29) 紅白名物とはいえ、超豪華衣装には食傷気味。

   「 恋桜 」

坂本 冬美 (19) 「雪国 ~駒子 その愛」で、勝負を賭けた1年。

   「 夜桜お七 ~大晦日スペシャル~

天童 よしみ (12) 毎年書いていますが、歌唱力は抜群でしょう。

   「 珍島物語 ~絆~ 」

DREAMS COME TRUE (12) 傷心の吉田美和が心配・・・。

「 ア・イ・シ・テ・ルのサイン

   ~わたしたちの未来予想図~ 紅白ヴァージョン

中川 翔子 (初) 本人希望の「空色デイズ」をぜひ歌わせてあげたい。

   「 空色デイズ 」

中島 美嘉 (6) 今年はシンガーとしての幅が一段と広がったと思う。

   「 LIFE 」

中村 中 (初) 紅組での出場は意味深い。 「友達の詩」を歌うのかな?

   「 友達の詩 」

中村 美律子 (12) 入魂の一曲「だんじり」は日本作詩大賞受賞曲。

   「 だんじり 」

長山 洋子 (14) 某アメリカ人社長との結婚の噂で色々騒がれた年。

   「 じょんから女節 」

浜崎 あゆみ (9) 新曲は配信限定。 CD派の人間としては複雑・・・。

   「 Together When... 」 

< ハロー!プロジェクト 10周年記念 紅白スペシャル隊 >

 モーニング娘。 (10) Berryz工房 (初)

 ℃-ute (初) ナンダカンダ言って、元気で雰囲気が華やぐので良い。

 「 Special LOVE Mix ~幸せの平成20周年 Ver. ~

一青 窈 (4) 本当に嬉しい2年ぶりの復活。 彼女の歌声は心に染みる。

   「 ハナミズキ 」

平原 綾香 (4) NHKのお気に入り? 新曲「今、風の中で」は良曲。

   「 Jupiter 」

BoA (6) どんなタイプの曲でも歌いこなせる歌唱力もダンスも魅力的。

   「 BoA ウィンター・バラード・スペシャル 」

水森 かおり (5) 氷川きよしと並んで、不振の演歌界を支える存在。

   「 ひとり薩摩路 」

mihimaru GT (2) デビュー当時からの大ファン。 連続出場に満足。

   「 俄然Yeah! 」

リア・ディゾン (初) 彼女の魅力がイマイチわからないのですが・・・。

   「 恋しよう♪ 」

和田 アキ子 (31) 毎年恒例の紅白批判は聞き飽きた。 ウンザリ。

   「 あの鐘を鳴らすのはあなた 」

< 昨年出場組の落選者 >

   今井 美樹 / GAM / 夏川 りみ / 藤 あや子

           BONNIE PINK / 森 昌子

  とにかく、ミヒマルとaikoが出ていれば個人的には大満足♪

  おまけに、ドリカムやアンジェラやBoAもいるので十分です。

  そして、一青窈の復活は何よりも嬉しい。 少し残念なのは、

  今年の顔的存在のYUIが出ないこと。 事前に不出場の噂を

  聞いてはいたけど。 木村カエラあたりも出て欲しかったかな。

  話題になっているアキバ枠は、ハロプロ以外のアイドル系が

  賑やかにいるのも良いとは思う。 昨年出場組の落選者では、

    森昌子は体調不良、夏川りみは事務所移籍が原因かな?

  常連の藤あや子の突然の落選は、理由が良くわかりません。

【 白組 】   ※ 12/20(木) 曲目正式決定 

秋川 雅史 (2) 去年の紅白の熱唱をきっかけに、今年最大のヒット。

   「 千の風になって 」

五木 ひろし (37) NHK朝ドラ「ちりとてちん」に本人役で数回出演。

   「 契り 」

w-inds. (6) 台湾や香港などでの人気はジャニーズ以上に凄まじい。

   「 Beautiful Life 」

EXILE (3) 3年ぶり。 TAKAHIROとAKIRAにとっては初の紅白の舞台。

   「 Lovers Again ~紅白バージョン~

Gackt (5) 謙信&みんなのうた、NHKへの貢献度大で3年ぶりの復活。

 「 RETURNER ~闇の終焉~ 消え逝く武士への鎮魂歌

北島 三郎 (44) 紅白の顔なので、いなきゃいないで寂しくなるかも。

   「 帰ろかな 」

北山 たけし (3) もう少し人気が伸びても良いと思う演歌界期待の星。

   「 男鹿半島 」

コブクロ (3) トリに近い時間帯で歌いそう? 「蕾」の熱唱に感動したい。

   「 蕾 」

米米CLUB (5) かつては歌手別視聴率で最高を記録した年もあった。

   「 愛君浪漫 」

さだ まさし (19) 紅白終了後、年明け早々の生放送が結構面白い。

   「 Birthday 」

スキマスイッチ (3) ベストアルバムを出したし、「奏」を歌って欲しい。

   「 奏 (かなで) 」

すぎもと まさと (初) 作詞・作曲家。 「吾亦紅」が超ロングヒット中。

   「 吾亦紅 」

SMAP (15) 新曲の駆け込みリリースには、NHKが一番ホッとしたかも?

   「 弾丸ファイター 紅白SP 」

寺尾 聰 (2) 26年ぶりの紅白復活。 俳優はもちろん歌手としても渋い。

   「 ルビーの指環 」

TOKIO (14) 「青春 (SEI SYuN)」 「本日、未熟者」 、両方大好きな曲。

   「 青春 (SEI SYuN) 」

德永 英明 (2) 去年の紅白初出場のステージは実に素晴らしかった。

   「 恋におちて -Fall in Love- 」

鳥羽 一郎 (20) 毎年、選ばれ続ける理由が良くわかりません・・・。

   「 兄弟船 」

馬場 俊英 (初) 40歳で感激の初出場。 「スタートライン」を聴きたい。

   「 スタートライン ~新しい風 」

氷川 きよし (8) 「あばよ」 「きよしのソーラン節」、どちらを歌うのか?

 「 きよしのソーラン節 YOSAKOI ソーラン 紅白スペシャル

平井 堅 (5) 「哀歌」 「fake star」、今年は色気溢れる曲が多かった。

   「 哀歌 (エレジー) 」

布施 明 (23) 韓国ドラマ「朱蒙」の日本語吹き替え版主題歌を担当。

   「 君は薔薇より美しい 」

ポルノグラフィティ (6) もう完全に常連組。 好きなので嬉しい。

   「 リンク 」

前川 清 (17) 所有馬「コイウタ」のG1レース優勝で、御機嫌の年。

   「 そして、神戸 」

槇原 敬之 (2) 16年ぶりの紅白出場。 マッキーファンとしては楽しみ。

   「 GREEN DAYS 」

美川 憲一 (24) 「古都情念」は別の人が歌った方が、もっと良い曲。

   「 さそり座の女 2007 」

森 進一 (40) 今年は「おふくろさん」騒動の印象しかありません・・・。

   「 北の蛍 」

WaT (3) ソロ活動が目立ったけど、やっぱり2人が揃ったWaTを見たい。

   「 WaT 紅白セレクション 」

< 昨年出場組の落選者 >

   Aqua Timez / ORANGE RANGE / ゴスペラーズ

        SEAMO / スガ シカオ / DJ OZMA

           細川 たかし / 堀内 孝雄

  個人的には、白組は馬場俊英の初出場と槇原敬之の復活。

   特に馬場俊英はCDも買っているし、大好きなので嬉しい。

   マッキ-は今年のメディア露出の多さは今までにない感じ。

   中村中にしても、寺尾聰にしても、改めてavexの影響力の

   強さを実感させられます。 今年の白組は復活組が目立つ。

    EXILE、Gackt、平井堅は偶然なのか、いずれも3年ぶり。

   一方で、昨年出場組の落選者も多い。 Aqua Timezは意外。

  常連では、細川たかしは円天騒動があったので納得だけど、

  堀内孝雄の落選は驚いた。NHKはあえてもう1度 DJ OZMA

  を出す勇気があれば、褒め称えるところだったけど・・・ (笑)

   それにしても、毎年ジャニーズ枠が2枠だけなのは寂しい。

   良くも悪くも、最近のチャートを賑わすのはジャニーズ中心。

   去年ならKAT-TUN、今年なら嵐。 勢いがあったグループを

    せめてあと1組ぐらいは増やしても良いと思うけどなぁ~。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 企画 】 

 (1) 小椋 佳 × 美空 ひばり 「 愛燦燦 」

 (2) 追悼 ZARD 大阪生中継 「揺れる想い」

     「 負けないで 」 「 グロリアス マインド 」

 (3) おしりかじり虫

        タカアンドトシ&関根親子と共演

 (4) 船越 英一郎

         新潟・旧山古志村から生中継

 (5) ムーディ勝山

        前川清&クール・ファイブと共演

 (6) 早乙女 太一 「 夜桜お七 」 で舞う

 (7) 宝塚歌劇団OG 布施 明 と共演

 (8) マッスルミュージカルが踊る

【 ゲスト審査員 】  ※ 12/26(水) 正式発表 

    青木 功 / 新垣 結衣 / 上田 桃子 / 岡島 秀樹

       陣内 智則 / 坂東 眞理子 / 中村 勘三郎

       藤原 紀香 / 宮﨑 あおい / 茂木 健一郎

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

2007年7月期 連続ドラマ 【 私的ランキング 】

2007年7月期 連続ドラマ ◎ 私的順位 ◎ 】

    1位 「 ホタルノヒカリ 」 ( ★★★★★ )

    2位 「 パパとムスメの7日間 」 ( ★★★★☆ )

                  パパとムスメの7日間 DVD-BOX

    3位 「 牛に願いを Love&Farm 」 ( ★★★★ )

             牛に願いを Love&Farm DVD-BOX      牛に願いを Love&Farm スペシャルパイロット版DVD

    4位 「 花ざかりの君たちへ

          ~イケメン♂パラダイス~ 」 ( ★★★★ )  

           花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~ DVD-BOX(前編)    花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~ DVD-BOX(後編)

    5位 「 山田太郎ものがたり 」 ( ★★★☆ )

                   山田太郎ものがたり

    6位 「 ファースト・キス 」 ( ★★★☆ )

                     ファーストキス DVD-BOX

    7位 「 山おんな壁おんな 」 ( ★★★ )

                                            山おんな壁おんな DVD-BOX

    8位 「 受験の神様 」 ( ★★★ )

    9位 「 肩ごしの恋人 」 ( ★★★ )

                                           肩ごしの恋人 DVD-BOX

      10位 「 探偵学園Q 」 ( ★★★ )

      11位 「 地獄の沙汰もヨメ次第 」 ( ★★☆ )

                   地獄の沙汰もヨメ次第

      12位 「 女刑事みずき 」 ( ★★ )

      13位 「 ライフ 」 ( ★☆ )

                     ライフ DVD BOX

      14位 「 スシ王子! 」 ( ★ )

                     スシ王子! DVD-BOX

< リタイア > 「 女帝 」 「 菊次郎とさき 」

             「 さくら署の女たち 」

                    女帝DVD BOX

7月期は「花ざかりの君たちへ」以外、視聴率的に苦戦したけど、

上位5作品は、年間を通じて高評価にできると思えるぐらい好き。

 特に「ホタルノヒカリ」は、肩肘張らずに楽しめてお気に入り。

  反響が大きい「ライフ」は、個人的には嫌悪感しか残らず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

2007年4月期 連続ドラマ 【 私的ランキング 】

 7月期の作品がスタートしているので、今更という感じですが、

“ 2007年4月期 ” の連続ドラマの私的順位を発表しておきます。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

2007年4月期 連続ドラマ ◎ 私的最終順位 ◎ 】

     1位 「 プロポーズ大作戦 」 ( ★★★★ )

     2位 「 バンビ~ノ! 」 ( ★★★★ )

     3位 「 セクシーボイス アンド ロボ 」 ( ★★★★ )

     4位 「 特急田中3号 」 ( ★★★☆ )

     5位 「 夫婦道  ( ★★★☆ )

     6位 「 帰ってきた時効警察 」 ( ★★★☆ )

     7位 「 わたしたちの教科書  ( ★★★☆ )

     8位 「 花嫁とパパ 」 ( ★★★☆ )

     9位 「 冗談じゃない! 」 ( ★★★ )

    10位 「 その男、副署長 」 ( ★★☆ )

    11位 「 ホテリアー 」 ( ★ )

 < 途中リタイア > 「 孤独の賭け 」 「 生徒諸君! 」

 < 未見リタイア > 「 鬼嫁日記 いい湯だな 」 「 喰いタン2 」

                「 ライアーゲーム 」 「 警視庁捜査一課9係 」

4月期は11位を除けば全体的にお気に入りの作品が多かった。

4位~7位の4作品は同じくらいの感じで順位をつけるのが難しい。

特急田中3号 DVD BOX   帰ってきた時効警察 DVD-BOX  冗談じゃない! DVD-BOX

      孤独の賭け ~愛しき人よ~     生徒諸君! DVD-BOX

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

映画 「 舞妓Haaaan!!! 」

Maiko001 【 脚本 : 宮藤官九郎 / 監督 : 水田 伸生 】

【 キャスト 】

 阿部サダヲ / 堤真一 / 柴咲コウ

小出早織 / 京野ことみ / 酒井若菜

 伊東四朗 / 吉行和子 / 真矢みき

生瀬勝久 / 木場勝巳 / キムラ緑子

 大倉孝二 / 植木等 / 山田孝之 / 北村一輝

   須賀健太 / 日村勇紀 / Mr.オクレ

 Maiko004  Maiko002

 京都好き、クドカン好き、柴咲コウ好き・・・ 見ない訳にはいきません!(笑)

 映画を見終えての感想は、想像していたとおりの雰囲気で面白かったです。

   一言で表現するならば・・・ “ 阿部サダヲのワンマンショー ”

 まさに、彼のハイテンション芝居がなければ成立しない作品だと思います。

  そんな彼を良く知っているクドカンだからこそ出来た作品とも言えるかも。

 破天荒な展開の中にも、程好く小ネタがあって思わず顔がニヤケてしまう。

  とにかく、好きな役者ばかりが出ているので、見ていて心地良かったです。

 京都へ遊びに行ったばかり だし、祇園界隈には色々と想い出もあるので、

 より一層楽しめたかな。 ( 上品な街を舞台に下品過ぎる気も…? (^-^; )

 クドカン作品は好き嫌いが分かれるし、苦手な人にはダメかもしれないけど、

     個人的には自然と無理なく笑える感じだったので十分満足です。

   映画 「 舞妓Haaaan!!! 」 【 評価 】 ★★★★ <4>

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

 駒子役を演じた小出早織が本当の最近の若い舞妓っぽくてとても良かった。

  彼女が5代目ヒロインを演じたBS-iのドラマ 「ケータイ刑事」 シリーズでは、

 歴代の宮﨑あおい・堀北真希・黒川芽衣・夏帆と比べると、正直イマイチ感が

 拭えなかったけど、最近は 「帰ってきた時効警察」 の真加出役が良かったし、

 彼女のブログの文章も味があって面白く、気になる存在になりつつあります。

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

 今年の3月に亡くなった植木等さんがワンシーンだけ特別出演していますが、

  残念ながらこれが遺作となってしまいました。でも、存在感十分の演技で、

  喜劇人の植木さんに相応しいラストシーンになったのではないでしょうか?

    ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

舞妓Haaaan!!!
宮藤 官九郎
角川書店 (2007/06)

      舞妓Haaaan!!!オフィシャル・ブック一見さん、イラッシャイ!!!―オフィシャルブック           しゃべりたおし!!!どす。 舞妓Haaaan!!! オフィシャル裏本

      一見さん、イラッシャイ!!!          しゃべりたおし!!!どす。

      GET THE 舞妓Haaaan!!! RIDE!!!         舞妓Haaaan!!! オリジナル・サウンドトラック

   GET THE 舞妓Haaaan!!! RIDE!!!        オリジナル・サウンドトラック

 ↓ 劇場で上映前にエンドレスで流れていたのですっかり頭の中をグルグル。

お・ま・え ローテンションガール
グループ魂に柴咲コウが
KRE (2007/06/13)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

映画 「 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 」

Go003_1

     【 監督 : 馬場康夫 】

  阿部寛 広末涼子 薬師丸ひろ子

  伊武雅刀 吹石一恵 劇団ひとり

   小木茂光 森口博子 伊藤裕子

飯島直子 飯島愛 ラモス瑠偉 八木亜希子

  ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

 Go001_2  Go002_2

年代関係なく単純に楽しめる娯楽映画で、想像していた以上に面白かったです。

ハッキリ言ってくだらないおバカ映画です。でもそれがイイっ!痛快で楽しい!!

阿部寛の両極端なキャラと広末涼子のハジケっぷりに、他のキャストも良かった。

当時は義務教育中ぐらいの頃なので、バブルの恩恵を実感した記憶はないけど、

 劇中に登場する音楽やCMなど作品全体に漂う空気感は懐かしく感じました。

特にプリプリの「Diamonds」なんかは聴いているだけで楽しい気分になってくる♪

正月恒例の武道館公演などは必ず行っていたぐらいにファンだったので… (^-^ゞ

 この時代といえば、初期トレンディードラマでも当たり前のように登場していた

 太眉・ワンレン・ボディコン。もちろん映画で描かれるバブル時代の女性もそう。

吹石一恵だと何となく似合わなく感じるのに、伊藤裕子だと雰囲気ピッタリ!(笑)

あとは当時の本人役として飯島直子や飯島愛などがゲスト出演していて面白い。

直子の方は違和感を覚えないけど、愛は本当の昔の顔と感じが違うから… (^-^;

  ( 映画とは関係ないけど、今朝のスポーツ紙に飯島愛の芸能界引退報道が… 真相は? )

とにかく、良くも悪くもまさに一世を風靡した “ホイチョイ・ムービー” 色の作品。

ホイチョイ独特の軽薄感を楽しめる人なら、十分に満足できる映画だと思います。

 映画 「 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 」

                【 評価 】 ★★★☆ < 3.5 > ( 五つ星満点 )

バブルへGO!!―タイムマシンはドラム式
君塚 良一 泡江 剛
角川書店 (2007/01)

    

   「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」オリジナル・サウンドトラック     映画「バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式」presents:バブルへGO!!~キラキラ☆ポップ!!

    オリジナル・サウンドトラック         キラキラ☆ポップ!!

         

       トキメキ☆ディスコ!!            エロチカ★チーク!!

 さすがに音楽関連は充実しています。加藤ミリヤが歌う主題歌も良い出来です。

Eyes on you
Eyes on you
posted with amazlet on 07.03.03
加藤ミリヤ
ソニーミュージックエンタテインメント (2007/02/07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

映画 「 愛の流刑地 」

Airuke001_1   【 監督 : 鶴橋康夫 】

 ● キャスト ● 

   豊川悦司 寺島しのぶ

   長谷川京子 富司純子

  陣内孝則 仲村トオル 佐藤浩市

    浅田美代子 佐々木蔵之介

   津川雅彦 余貴美子 高島礼子

  貫地谷しほり 松重豊 本田博太郎

  阿藤快 森本レオ 木下ほうか 

  ==== ★ ==== ☆ ==== ★ ====

     【 公式サイト

 Airuke002  Airuke003

  映画自体は公開直後の1月中旬に見たけど、感想を書く機会を逸しました。

   もう既に2ヶ月近く経過して、正直言って記憶が薄れ気味なので簡単に…。

TVドラマ界の大御所・鶴橋監督の演出は綺麗な映像で良くまとまっていたけど、

渡辺淳一の濃厚な世界を本気で描こうと思うならR-15指定では少し物足りない。

 寺島しのぶは素晴らしい女優だし、今回も見事な熱演ぶりだと思うのですが、

冬香役を演じるには妙に肉感があり過ぎるというか、存在感が強過ぎるような…。

例えば木村多江のような透明感がある女優が演じたら、もっとゾクッときたかも。

大胆な芝居が要求される役で、女優の選択肢が限られてくるので仕方ないかな。

そもそも男女の性行為の時の感情や嗜好の問題を第三者が法で裁くというのは

滑稽な話であるわけで、そんな微妙な空気感はスクリーンから伝わってきました。

“虚無と熱情” …共感はしないけど、別にこんな愛の形があっても良いとは思う。

元から渡辺作品は好みじゃありませんが、「失楽園」よりは全然良かったです。

 映画 「 愛の流刑地 」

          【 評価 】 ★★☆ < 2.5 > ( 五つ星満点 )

『愛の流刑地』オフィシャルハンドブック
庄司 いずみ 太田 穣
講談社 (2007/01/13)

      

        愛の流刑地〈上〉         愛の流刑地〈下〉

         愛の流刑地〈上〉           愛の流刑地〈下〉

平井堅が歌う主題歌「哀歌(エレジー)」は映画の世界観を見事に表現した名曲。

哀歌(エレジー)
哀歌(エレジー)
posted with amazlet on 07.03.02
平井堅
DefSTAR RECORDS (2007/01/17)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 7日 (日)

2007年1月期 連続ドラマ 【 期待度ランキング 】

  “ 2007年1月期 ” の連続ドラマの私的期待度を勝手に発表します。

【 2007年1月期 連続ドラマ ● 私的期待度順位 ● 】

 1位 「 華麗なる一族 」 ( ★★★★ )

 2位 「 花より男子 2 」 ( ★★★★ )

 3位 「 ハケンの品格 」 ( ★★★☆ )

 4位 「 松本清張 わるいやつら 」 ( ★★★☆ )

 5位 「 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~  ( ★★★☆ )

 6位 「 今週、妻が浮気します 」 ( ★★★ )

 7位 「 特命係長 只野仁 第3シリーズ  ( ★★★ )

 8位 「 演歌の女王 」 ( ★★★ )

 9位 「 拝啓、父上様 」 ( ★★★ )

10位 「 ヒミツの花園 」 ( ★★☆ )

11位 「 きらきら研修医 」 ( ★★ )

12位 「 エラいところに嫁いでしまった! 」 ( ★★ )

13位 「 浅草ふくまる旅館 」 ( ★★ )

     [  ※ 「 新・京都迷宮案内 」 ( ★★★★☆ )  ]

今クールは全体的にパッとしない感じで、心を動かされるような作品が見当らず・・・。

定期的なシリーズ物なので対象外にした「新・京都迷宮案内」が一番楽しみなぐらい。

骨太原作&豪華キャストの「華麗なる一族」と、続編の「花より男子2」は期待度↑↑。

最後まで見終えた後に「只野仁」の順位が上の方なら、今期はかなりの不作・・・(笑)

予想に反して、面白くて見応えがある作品が多く出てきてくれることを期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

2006年 連続ドラマ 【 年間ランキング 】

“ 2006年10月期&年間 ” の連続ドラマの私的順位を勝手に発表します。

【 2006年10月期 連続ドラマ ● 私的最終順位 ● 】

 1位 「 のだめカンタービレ 」 ( ★★★★☆ )

 2位 「 Dr.コトー診療所 2006 」 ( ★★★★ )

 3位 「 僕の歩く道 」 ( ★★★★ )

 4位 「 セーラー服と機関銃 」 ( ★★★★ )

 5位 「 14才の母 」 ( ★★★☆ )

 6位 「 役者魂! 」 ( ★★★☆ )

 7位 「 嫌われ松子の一生 」 ( ★★★ )

 8位 「 鉄板少女アカネ !! 」 ( ★★ )

< 途中リタイア > 「 たったひとつの恋 」 「 だめんず・うぉ~か~ 」

< 未見リタイア > 「 家族 ~妻の不在・夫の存在~ 」 「 アンナさんのおまめ 」

  ※ 「 相棒 」 と 「 おみやさん 」 は不定期視聴だったのでランキング外。

  ◆ 10月期は「鉄板少女アカネ !! 」以外の視聴7作品は全て見応えがあって満足。

     特に期待薄だった「のだめカンタービレ」が予想を遥かに超える面白さでした。

      「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック  Dr.コトー診療所2006 (出演 吉岡秀隆、柴咲コウ、蒼井優)

   僕の歩く道 DVD-BOX  セーラー服と機関銃  役者魂! DVD-BOX

    嫌われ松子の一生 TVドラマ版 DVD-BOX   鉄板少女アカネ!! DVD-BOX   だめんず・うぉ~か~ DVD-BOX

     アンナさんのおまめ DVD-BOX

       ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 2006年 連続ドラマ ● 私的順位 年間ベスト30 ● 】

 1位 「 神はサイコロを振らない 」

 2位 「 のだめカンタービレ 」

 3位 「 白夜行 」

 4位 「 マイ★ボス マイ★ヒーロー 」

 5位 「 Dr.コトー診療所 2006 」

 6位 「 結婚できない男 」

 7位 「 弁護士のくず 」

 8位 「 僕の歩く道 」

 9位 「 アンフェア 」

10位 「 セーラー服と機関銃 」

11位 「 下北サンデーズ 」

12位 「 医龍 ~Team Medical Dragon~ 

13位 「 松本清張 けものみち 」

14位 「 14才の母 」  15位 「 Ns’あおい 」

16位 「 クロサギ 」  17位 「 役者魂! 」

18位 「 サプリ 」  19位 「 トップキャスター 」

20位 「 輪舞曲 」  21位 「 誰よりもママを愛す 」

22位 「 ダンドリ。 」  23位 「 嫌われ松子の一生 」

24位 「 花嫁は厄年ッ! 」  25位 「 富豪刑事DX 」

26位 「 小早川伸木の恋 」

27位 「 7人の女弁護士 」  28位 「 ガチバカ! 」

29位 「 鉄板少女アカネ !! 」  30位 「 西遊記 」

   ◎ あくまで自分が最終回まで全て見終えた作品から選んだ順位です。

 「 時効警察 」 「 アテンションプリーズ 」 「 ブスの瞳に恋してる 」 「 タイヨウのうた 」

 「 ギャルサー 」 「 不信のとき 」 など・・・ 何作品かは上位30位以内の候補ですが、

  全話録画をしながら未だに途中までしか見ていないので、評価対象外にしました。 

 ※ 「 新・京都迷宮案内 」 「 京都地検の女 」 などは大好きな作品ですが、

    かなり定期的なシリーズ物の作品なので、同じく評価対象外にします。

    神はサイコロを振らない DVD-BOX   白夜行 完全版 DVD-BOX  結婚できない男 DVD-BOX

   弁護士のくず DVD-BOX アンフェア DVD-BOX 下北サンデーズ DVD-BOX

  医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX   松本清張 けものみち DVD-BOX   Ns'あおい DVD-BOX

  クロサギ DVD-BOX    サプリ DVD-BOX    トップキャスター DVD-BOX

  輪舞曲 -ロンド- DVD-BOX   誰よりもママを愛す DVD-BOX  ダンドリ。~Dance☆Drill~ DVD-BOX

   花嫁は厄年ッ!   富豪刑事デラックス DVD-BOX   小早川伸木の恋 DVD-BOX    

   ガチバカ! DVD-BOX    西遊記DVD-BOX    時効警察 DVD-BOX

  アテンションプリーズ DVD-BOX   ブスの瞳に恋してるDVD-BOX (初回限定生産)    タイヨウのうた DVD-BOX

   ギャルサー DVD-BOX    不信のとき~ウーマン・ウォーズ~ DVDBOX    夜王 ~yaoh~ TVシリーズBOX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月30日 (木)

第57回 NHK紅白歌合戦

『 第57回 NHK紅白歌合戦 』 の出場歌手が決定!

 世の中的には紅白離れが進んでいても、自分としては毎年の楽しみの1つなので、

  やっぱり出場歌手発表の日はいつも気になります。 さて今年の顔触れは・・・

【 紅組 】

aiko (5)  1年の最後をaikoの歌声で締めくくれるというだけで個人的には大満足。

絢香 (初)  文句なしの初出場。大舞台でも堂々と歌い上げてくれるでしょう。

アンジェラ・アキ (初)  アルバムの大ヒットが純粋に評価されて良かった。

石川 さゆり (29)  48歳で29回目の出場って凄い・・・ 今年は何を歌うのか?

今井 美樹 (初)  驚いたけど嬉しい。布袋寅泰がバックで演奏することも内定。

大塚 愛 (3)  たぶん「恋愛写真」だろうけど、「フレンジャー」で弾けた姿も見たい。

川中 美幸 (19)  去年は紅組のトップバッター。今年はイイ順番で歌わせてあげて。

GAM (初) & モーニング娘。(9)  ハロプロ枠が多過ぎたのでこれぐらいが妥当。

香西 かおり (14)  女性演歌歌手では一番好き。新曲は「日本作詩大賞」を受賞。

倖田 來未 (2)  今年は過剰露出というより、バラード系の歌で勝負という感じかな。

伍代 夏子 (13  何で今さら返り咲くの? どうせなら杉良太郎も呼んじゃえば!?

小林 幸子 (28)  本当は抜群の歌唱力なのに、豪華衣装に隠れて目立たない。

坂本 冬美 (18)  何だか今年は「夜桜お七」を見たい。最近の曲は魅力がないし。

天童 よしみ (11)  今年も美空ひばりの曲を歌うのなら「悲しい酒」を歌って欲しい。

DREAMS COME TRUE (11)  ↑aikoのところに書いたのと全く同じ感想です。

中島 美嘉 (5)  「NANA」の主題歌は前作の方が彼女の声にあっていたと思う。

長山 洋子 (13)  影山時則とのイマイチなデュエット曲よりも、ソロで聴きたい。

夏川 りみ (5)  「涙そうそう」以外の曲を歌わせてもらえるよう、切に願います。

浜崎 あゆみ (8)  自分のライブがなければ、トリで歌える機会がありそうなのに。

平原 綾香 (3)  NHKのトリノ五輪中継のテーマ曲を歌っていた事が大きい。

藤 あや子 (15)  和服の演歌よりも、違うジャンルに挑戦してみたら面白そう。

BoA (5)  「七色の明日」を歌って欲しい。爽やか系のBoAもなかなか魅力的。

BONNIE PINK (初)  まさかボニーを紅白で見られる日が来るとは! 楽しみ。

水森 かおり (4)  今年もご当地ソング「熊野古道」がヒットを記録。賞の受賞も。

mihimaru GT (初)  デビュー当時から大好き!苦労が報われて本当に良かった。

森 昌子 (15)  アッコ達の応援に支えられて間違いなく涙の熱唱・・・ 嫌だねぇ・・・

和田 アキ子 (30)  頼むから辞退してくれ! 毎年文句ばっかりで鬱陶しい!!

   < 昨年出場組の落選 >

       AI  伊藤 由奈  倉木 麻衣  ゴリエ  島谷 ひとみ  鈴木 亜美

        一青 窈  DEF.DIVA  松任谷 由実  森山 良子  渡辺 美里

最大の謎は伍代夏子。森昌子は仕方ないにしても今さら演歌枠が2つ増えるとは・・・

歌手別視聴率を見比べたって、演歌になると数字がガタッと下がることが多いのに・・・

 絢香、アンジェラ、ボニー、ミヒマルあたりが順当に初出場になったことは良かった。

 歌手生活20周年の今井美樹の出場も、去年の渡辺美里のような感じで良いと思う。

 最近の常連組では一青窈と島谷ひとみの落選が残念。 2人とも好きなので寂しい。

一青窈はシングルリリースがなかったし、島谷ひとみはCDの売れゆきが良くないので、

 予想通りではあったけど。映画「海猿」の主題歌がヒットした伊藤由奈は何で落選?

 同じ去年の初出場組のAIと共に残念です。 一部報道で紅組からの出場話があった

 桜塚やっくんが歌手として出場しなくて本当に良かった。いくら何でも勘弁して欲しい。

 ( やっくんが嫌いという訳ではありませんが、曲の合間のゲストぐらいが妥当です。 )

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 白組 】

秋川 雅史 (初)  Who? テノール歌手の方らしいですが、あまり存じ上げません。

Aqua Timez (初)  詞と曲は悪くないけど歌唱力が・・・。 初出場には異論なし。

五木 ひろし (36)  「高瀬舟」はオリコン9位を記録。でも、「山河」を歌って欲しい。

w-inds. (5)  最近は慶太がソロデビュー。3人もいいけどソロの出来はかなり良い。

ORANGE RANGE (2)  一昨年に続いての沖縄から生中継出演。 何だかなぁ・・・

北島 三郎 (43)  今年は大トリの噂があるけど、氷川きよしに譲ってあげたら?

北山 たけし (2)  結構好き。師匠のサブちゃんより全然イイ。頑張って欲しいです。

ゴスペラーズ (6)  大晦日に素晴らしいハーモニーを聴けることは最高の贅沢。

コブクロ (2)  名曲揃い! 「永遠にともに」か、デビュー曲の「YELL」を聴きたい。

さだ まさし (18)  もちろんこの方も名曲揃い。 歌って欲しい曲が多くあります。

SEAMO (初)  シーモネーター時代の深夜ラジオを良く聞いていた。嬉しい初出場。

スガ シカオ (初)  “kokua”でNHKの番組テーマ曲を担当していたので予想通り。

スキマスイッチ (2)  「ガラナ」も大好きだけど、「ボクノート」を歌って欲しいな・・・。

SMAP (14)  中居正広が白組の司会なので、さすがに今年は大トリは難しいか?

DJ OZMA (初)  大騒ぎになること間違いなし!今年は何をやってくれるのか?

TOKIO (13)  「宙船」が大ヒット! 紅白のTOKIOのステージはいつも良い感じ。

德永 英明 (初)  曲は「壊れかけのRadio」に決定。今井美樹と同じく楽しみ。

鳥羽 一郎 (19)  去年は兄弟で一緒に歌ったけど、今年は弟の山川豊が落選。

氷川 きよし (7)  一時期の勢いは影を潜め少し停滞気味。殻を破りたいところ。

布施 明 (22)  ドラマやCMなど、事務所が一緒の仲間由紀恵との共演が多い。

細川 たかし (32)  軽快な曲から重厚な曲まで、何でも歌いこなせるのが魅力。

堀内 孝雄 (17)  せっかく名曲が多いのに、「サンキュー!」で台無しの気が・・・。

ポルノグラフィティ (5)  大好きだ! 「ハネウマライダー」を歌ってくれ~!!

前川 清 (16)  内山田洋さんが亡くなったので、クールファイブの曲を歌うかも。

美川 憲一 (23)  年々、存在感が薄れていっているように感じるのは気のせい?

森 進一 (39)  嫌いなんだけど、森昌子贔屓の報道ばかりで少し気の毒に思う。

WaT (2)  ハプニングに負けずに歌いきった去年のステージが忘れられません。

 < 昨年出場組の落選 >

     アリス  m-flo  氣志團  グループ魂  CHEMISTRY  T.M.Revolution

        D-51  Def Tech  森山 直太朗  山川 豊  山崎 まさよし

可もなく不可もなくという感じ。レミオロメンや湘南乃風はやっぱり不出場ですか・・・。

スガシカオと德永英明、そしてSEAMOの初出場は楽しみ。ケミの落選は仕方なしか。

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

【 特別審査員 】  阿木 燿子  内野 聖陽  鎌田 實  瀬戸内 寂聴  田口 壮

           藤山 直美  横峯 さくら  吉田 都  リリー・フランキー  渡辺 謙

【 特別ゲスト 】  荒川 静香

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

   とりあえず今年は、最悪だったみのもんたが司会じゃなくてホッとしました。

マスコミや的外れな識者連中が、「目玉不足」だとか「いっそのことやめちゃえ」などと、

  ゴチャゴチャ騒いでいるけど、マンネリであることがそんなに悪いのでしょうか?

 紅白歌合戦というのは12月31日の夜に毎年恒例の行事としてあり続けさえすれば、

それで十分だと思うのですが…。視聴率が全盛期の半分だろうが前年より下がろうが、

40%前後の視聴率は記録するのです。楽しみにしている人はまだまだ多くいるのです。

  NHKは目先の数字に囚われることなく、もっとプライドを持って取り組んで欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年11月19日 (日)

映画 「 手紙 」

映画 「 手紙 」 ( 生野慈朗 監督 ) を見ました。

  Tegami001    Tegami002

============== ◆◇◆◇◆ 【 キャスト 】 ◆◇◆◇◆ ==============

  山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵 尾上寛之

 田中要次 山下徹大 石井苗子 松澤一之 蛍雪次朗 小林すすむ 高田敏江

  鷲尾真知子 山田スミ子 / 吹越満 風間杜夫 杉浦直樹 他 

=========================================================

  どんなに感動する作品でも、人に涙を見られたくない気持ちが強く働くので、

映画館で泣くことは滅多にない自分ですが、今回ばかりは自然と涙がこぼれました。

重く深い内容に色々と考えさせられ、心を激しく揺さぶられる映画でした。

  東野圭吾の原作小説が素晴らしいのはもちろん、脚本もイイと感じました。

  今作の監督はTBSテレビのドラマ演出でおなじみの大ベテラン・生野慈朗。

連続ドラマの演出家として好きな監督の1人ですが、さすがの出来に嬉しくなりました。

沢尻エリカの不自然な関西弁だけは気になったものの、役者陣の熱演も見応え十分。

  山田孝之は陰がある役を演じさせたら若手ではトップクラスだと思っているし、

 沢尻エリカにしても、その表情や佇まいが存在感を大きくしてスクリーンに映える。

  脇役も充実していて、特に被害者の息子役である吹越満の抑えた芝居が秀逸。

Tegami003そして何といっても、主人公の兄を演じた

玉山鉄二の熱演に心を打たれました。

今までのドラマや映画では見たことがない

 渾身の芝居で、難役を見事に演じきり、

助演男優賞の候補に値するものでした。

( 個人的にはそれぐらいに感じました。 )

     ===== ★ ===== ☆ ===== ★ ===== ☆ ===== ★ =====

『 差別のない国を探すんじゃない。君はここで生きていくんだ。 』

     ・・・ 劇中に登場する言葉がズッシリと重く胸に突き刺さります。

 自分の新しい大切な家族を守る為に 『 兄貴を捨てる 』 という手紙を送った

主人公の心情は理解できても、その行動は必ずしも共感できるものではないけれど、

それによって、事件の時から止まっていた被害者と加害者の感情を突き動かしたこと、

そして何よりも、映画で描かれたラストシーンには救いがあって、胸が熱くなりました。

単純に感動した良かったでは片付けられない作品で、感想を綴ることがとても難しい。

エンディングで流れる小田和正の名曲のタイトルの如く、まさに言葉にできない心境。

だけど 「 久しぶりに深く心に残る映画を見た 」 とは間違いなく言えます。

  映画 「 手紙 」 【評価】 ★★★★☆ <4.5> (五つ星満点)

手紙
手紙
posted with amazlet on 06.11.19
東野 圭吾
文藝春秋
手紙 ~あなたに会えてよかった~
レントラックジャパン

| | コメント (6) | トラックバック (4)