サッカー

2006年6月13日 (火)

お気楽ジーコと共に沈没↓↓

【 2006 FIFAワールドカップ 】  < F 組 >

オーストラリア  オーストラリア 3 - 1 日本  日 本

酷い・・・ あまりにも酷すぎる・・・・・・ 防戦一方・・・ 10分間で3失点・・・・・・

オージーとの体格の不利はわかりきっていたことだけど、想像以上に厚い壁だった。

しかし、それより何より 【迷将・ジーコ】 と 【名将・ ヒディング】 の差が歴然・・・

  ワールドカップという大舞台でもいつもと変わることがない 

 選手交代のタイミングとセンスの悪さはある意味で天才的だ。

どんなスポーツでも情報戦な今の時代に練習をオープンにする余裕があるのかよ・・・

  高原と柳沢のフォワードとしての歯痒さ、無駄な動きばかりの三都主の左サイド、

    守備面の綻びも含めて、ジーコJAPANのマイナスの部分は相変わらず・・・

 駒野の出来も悪かったなぁ・・・ 守備だけでなくクロスの精度があまりにも低い・・・

      あまりキラメキを感じない加地よりも、期待が大きかったのに残念。

一番痛かったのは坪井の負傷退場だったのかも。坪井を良いとは思っていないけど、

まさか緊急招集された茂庭がワールドカップのピッチに初戦から立つ事になるとは・・・

    茂庭を責める気はないけど、どうしても田中誠が健在ならばと思ってしまう。

  それにしても、失点する前までの能活の神懸り的な好セーブの連発には痺れた。

 それだけに、同点ゴールの場面の飛び出しが残念だった。悪い癖なんだよなぁ・・・

 個人的には能活以外に及第点を与えられる選手は福西と中澤ぐらいだったかな?

良い部分を探そうと思っても見当たらない・・・ それぐらい最悪の試合をしてしまった。

  他国の試合と比較すると、改めて日本サッカーの魅力の乏しさを痛感する・・・

ハッキリ言って1次リーグ突破は絶望的だが、次のクロアチア戦で奮起してくれ!

   愚痴ばかり書き綴っているけど、熱く応援はしているのだから!!!

| | コメント (0) | トラックバック (5)